2匹目の「うなぎパイ」はこうして生まれた

浜松の老舗菓子店が半世紀ぶりに新ブランドを投入

あの「うなぎパイ」が53年ぶりに進化する!? 新ブランドの名は「coneri(こねり)」だ

浜名湖土産で多くの人が口にしたことがあるであろう「うなぎパイ」。この浜松が誇る銘菓が、発売から半世紀を経て、新たな進化を遂げようとしている。

老舗菓子メーカーの春華堂は、うなぎパイ以来、実に53年ぶりとなる新ブランドの菓子を7月20日に発売する。「五穀屋」「coneri(こねり)」という2つの新ブランドに共通するのは、「菓子とは滋味(栄養があって味がよいこと)である」という同社の企業理念だ。

「からだにおいしい和の知恵菓子」というコンセプトの下に作られた五穀屋は、キビやアワといった五穀と、酒や塩麹など日本古来の発酵食品とを組み合わせた和菓子。たとえば、「五穀まんじゅう いつくさ」の「黒米酒」は、黒米から作った酒を混ぜ合わせたあんこを、同じく黒米を使った生地で包んでいる。実際に食べてみると、甘すぎず、それでいて酒の香りがほのかに漂う、大人向けの和菓子といった印象だ。

真打ちは“新食感のパイ”

だが、うなぎパイを作った春華堂らしさという点では、coneriのほうが上を行っているかもしれない。今回の新商品のために、国産小麦とこうず粉(みそを粉末状にしたもの)をブレンドした「こねり粉」を開発。うなぎパイ製造の職人たちが、この粉で作ったパイ生地を手作業で幾重にも織り込む。生地の間に挟まれたバター風味のマーガリンの香りが口の中に広がる、新食感のパイだ。

次ページ新しいパイの食べ方も提案
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。