街角に住む猫には、過酷な運命が待っている

ペット界の新王者「猫」を取り巻く光と影<下>

武蔵小山・飲み屋街の猫。店のほとんどは撤退した。この場所も取り壊しに伴い、もうすぐ閉鎖される。
猫の連載もこれで最終回。第1回で示したように国内飼育数は、これまで王者だった犬に迫りつつある。こうした「猫ブーム」とも言うべき現象の裏で、彼らを取り巻く光と影を追い、第2回では鹿児島県・徳之島での島猫の一斉不妊化事業を紹介した。最終回の今回は、大規模再開発が始まった東京・武蔵小山で生きる野良猫の姿から、猫と人間とのあるべき関係について考える。

 

第1回「なぜ飼い犬が減り、飼い猫が増えているのか

第2回「島猫3000匹の「不妊化」は、人間のエゴなのか

品川区と目黒区にまたがる武蔵小山で今秋、「昭和の匂い」を残す飲み屋街の取り壊しが始まった。名物は全長800メートルのアーケード商店街で高層建築が珍しかったこの地域に、約3年半後には41階建てのマンションが建つ。東京五輪を控え、似たような再開発は都内各地で進んでいる。

飲み屋街には野良猫がつきもの。再開発で寒空の下を追い出され、さらなる苦難に遭うイメージが強い。しかし、ここはひと味違う。ボランティアが不妊・去勢手術を徹底して給餌や糞尿の始末を行い、周辺からの猫の流入にも目を光らせてきたからだ。

飲み屋街の野良猫は50匹から15匹に

その活動を現在一手に担う寿司店経営の廣井一恵さんは「この地域のすべての猫が手術済みだと知れ渡り、苦情もほとんど出なくなった」と語る。彼女が8年前にボランティア仲間と活動を開始した当時に約50匹いた野良猫は現在、15匹程度まで減った。

4年前に筆者が武蔵小山に転居してきた当時と比べても、糞尿の匂いは気にならなくなった。食料事情や住環境で差があるが、野良猫の平均寿命は4〜5年。顔見知りの猫も数匹、この世を去った。残された野良猫たちも工事現場に隣接した地域で、それなりの余生を送ることができそうだ。

次ページ「都内の野良猫は6万匹」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。