島猫3000匹の「不妊化」は、人間のエゴなのか

ペット界の新王者「猫」を取り巻く光と影<中>

徳之島の手術会場近くにいた「さくらねこ」。右耳の先端がV字カットされている
片耳の先端をカットされた猫を街中で見かけた人は、意外と多いのではなかろうか。これは不妊手術を終えていることの証なのだ。見分けをつきやすくするために切り込みをV字にすることが多いため、耳の形から「さくらねこ」と呼ばれる。飼い主のいない猫のお守りとして、全国各地に広がりつつある。
3回連載の第2回は、鹿児島県南端の徳之島の猫を一斉にさくらねこにする取り組みを通じ、洋の東西を問わない人と猫との関係について考える。

 

第1回「なぜ飼い犬が減り、飼い猫が増えているのか」

徳之島は鹿児島県の奄美群島に属する離島。約2万5000人が住み、徳之島町、天城町、伊仙町の3つの町から成る。日本の医学界に旋風を起こした徳洲会や、かつて長寿世界一に認定された泉重千代さんでも知られる。

この徳之島では猫の野放しが一般的で、今年6月までは小動物向けの病院さえ存在しなかった。そんな徳之島で、島内のすべての猫に不妊手術を施す前代未聞のプロジェクトが進んでいる。

すべての猫に不妊手術を実施

徳之島の位置(徳之島町役場のサイトより)

プロジェクトの主体は、公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県芦屋市)。2014年11月に開始したこのプロジェクトの目的は、約3000匹いるとみられる島のすべての猫を不妊手術をすること。世界自然遺産認定を目指す上で不可欠な要素であるアマミノクロウサギが猫に捕食されて絶滅の危機に瀕していることから、3町の依頼で実現した。

事業名は「徳之島ごとさくらねこ一斉TNRプロジェクト」。TNRは捕獲(トラップ)、手術(性を中立にするニューター)、放出(リターンやリリース)の略。自然の摂理には反するが、子猫が生まれて遺棄や虐待、殺処分されるのを止められる。手術後の猫も糞尿の臭さが和らぎ、喧嘩する率も小さくなる。何より一代限りだと分かれば、猫を嫌いな人からの反発が薄まる。

次ページ手術の現場を訪ねてみた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT