国宝に中国の漆を使うと、何が問題なのか

元外資系の英国人と日本人、日本文化を語る

アトキンソンさんのオススメスポットは?(撮影:今井康一)
ビジネスマンへの歌舞伎案内』(NHK出版)の著者である成毛眞氏と、『イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る』(講談社+α新書)の著者であるデービッド・アトキンソン氏による“ビジネスマンへの「日本文化入門」”をテーマにしたトークイベントの後半をお届けする。進行は、元NHKエグゼクティブアナウンサーで古典芸能に詳しい葛西聖司氏。

 

前半はこちら→ 歌舞伎を見ないビジネスマンが損すること

葛西:成毛さんは、アトキンソンさんの書いた本を読まれましたか。

成毛:ええ、もちろん。日本の悪口がたくさん書いてありました(笑)。ただ、悪口といっても正論ですし、マゾ的な日本人はこういうことを書いてもらうと、むしろうれしくなるのではなかろうかと思いながら読みました。

アトキンソン:私としては、悪口を書いたつもりはありませんが。

日本人の「おもてなし」はうそ?

『イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る』(講談社+α新書)

葛西:アトキンソンさんは、日本人のいう「おもてなし」はうそだと書いていらっしゃる。

成毛:温泉旅館で、融通の利かない対応をされたことを書かれていましたね。私も先日、空港の寿司店で、1500円の寿司を折り詰めにしてもらおうとして、断られたことがあります。1000円のセットは折り詰めにできるのに、1500円のセットはそれができないというのです。この時、アトキンソンさんのエピソードを思い出しました。

アトキンソン:私が言いたかったのは、日本人のいう「日本はおもてなしの国」というのは、データに基づいていないということです。日本でおもてなしされるのは外国人ですから、外国人の評価を聞くべきです。

成毛:(滝川クリステルさんが手を使いながらスピーチをした)「お・も・て・な・し」というのもよくないんですって?

次ページウケたかどうかは、外国人が決めること
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。