香港「国家安全法」めぐるトランプ砲は不発か
東洋経済オンライン
香港「国家安全法」めぐるトランプ砲は不発か
コロナ禍に焦り制裁を連打するが「弾切れ」に
西村 豪太
「中国は約束された『1国2制度』を『1国1制度』に変えてしまった。香港を特別に扱う優遇措置を撤廃するプ…
東洋経済が新型コロナ「実効再生産数」を公開
東洋経済オンライン
東洋経済が新型コロナ「実効再生産数」を公開
感染状況を示す指標、西浦・北大教授が監修
野村 明弘
東洋経済オンラインは5月20日から、リアルタイム性を重視した新型コロナウイルスの「実効再生産数」の掲…
Q&Aで読み解くコロナ「長期戦」
週刊東洋経済プラス
Q&Aで読み解くコロナ「長期戦」
感染対策のポイントから世界経済の行方まで
野村 明弘
Q1 新型コロナウイルスはいつ収束するのか?新型コロナは、人類にとって非常に手強い存在であることが判…
ジャパンディスプレイ「不正会計」の晴れぬ闇
週刊東洋経済プラス
ジャパンディスプレイ「不正会計」の晴れぬ闇
このまま“臭いものに蓋"で終わらせるのか
山田 雄大
「第三者委員会の調査が隠れみの、免罪符のように扱われている典型例だ」。コーポレートガバナンスに詳し…
感染性に注意、妥協なき取り組みが不可欠だ
週刊東洋経済プラス
感染性に注意、妥協なき取り組みが不可欠だ
8割削減を唱える北海道大学大学院の西浦教授に聞く
野村 明弘
テレワークの目的は人同士の接触を減らすこと。接触機会の「8割削減」を唱えてきた、政府の専門家会議メ…
日韓間の緊張がポストコロナでも残る理由
週刊東洋経済プラス
日韓間の緊張がポストコロナでも残る理由
従軍慰安婦問題をリードする市民団体にスキャンダル
福田 恵介
世界で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、日韓両国でも国民の関心はコロナ一色だ。一方で、日韓関係…
香港版「国家安全法」でこれから何が起きるか
東洋経済オンライン
香港版「国家安全法」でこれから何が起きるか
コロナで加速した米中チキンゲームの先行き
西村 豪太
5月28日午後に閉幕した中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、香港への国家安全法導入が決ま…
「バイデン大統領」ならアメリカはどう変わるか
東洋経済オンライン
「バイデン大統領」ならアメリカはどう変わるか
政策大転換だが、対中強硬姿勢は不変
中村 稔
新型コロナウイルスの感染拡大によって関心が低下したアメリカ大統領選だが、決戦となる11月3日の投票日…
コロナ禍の墨田区、「地場製布マスク」に活路
東洋経済オンライン
コロナ禍の墨田区、「地場製布マスク」に活路
メリヤス産業の歴史生かし、和紙製マスクも
岡田 広行
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、深刻な問題となっているのがマスクなどの感染防護具の不足だ。中で…
夏以降にコロナ「ワクチン」の成否は見えてくる
東洋経済オンライン
夏以降にコロナ「ワクチン」の成否は見えてくる
専門家会議キーマン・西浦教授が描く展望
野村 明弘
全2回にわたる西浦博・北海道大学教授のインタビュー第2弾。「8割おじさん・西浦教授が語る『コロナ新事実…
「不安が常態化、米中以外の国と関係強化を」
週刊東洋経済プラス
「不安が常態化、米中以外の国と関係強化を」
コロナ後について慶応大学法学部の細谷教授に聞く
西村 豪太
新型コロナウイルスが完全に終息する見通しがないまま、今のような不安な状態が続いていく。これが新しい…
コロナよりも恐ろしく私たちが回避すべきもの
東洋経済オンライン
コロナよりも恐ろしく私たちが回避すべきもの
魔女狩りや全体主義を蔓延させてはならない
大崎 明子
緊急事態宣言がようやく全国的に解除となった。こうした中、気になるのはコロナ禍を恐れるあまり、政府方…
8割おじさん・西浦教授が語る「コロナ新事実」
東洋経済オンライン
8割おじさん・西浦教授が語る「コロナ新事実」
アメリカが感染拡大の制御を止める可能性
野村 明弘
政府は5月25日、残された東京など5都道県を含めて、緊急事態宣言の全面解除を決めた。3月下旬~4月中旬に…
コロナだけでない中国「成長率目標なし」の内幕
東洋経済オンライン
コロナだけでない中国「成長率目標なし」の内幕
7年越しの大改革は米国へのシグナルなのか
西村 豪太
「通年の経済成長の具体的な目標は出さない。世界での新型コロナウイルスの流行と経済・貿易情勢の不確定…
「アフターコロナの世界経済は元には戻らない」
東洋経済オンライン
「アフターコロナの世界経済は元には戻らない」
玉木元財務官が説く「新たな経済」の必要性
中村 稔
未曾有の新型コロナ危機を経て世界の経済はどう変わるのか。「コロナ後」に向けて政府や企業はどう対処す…
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。