「慎重なる楽観」で意外に脆弱じゃない株式市場
東洋経済オンライン
「慎重なる楽観」で意外に脆弱じゃない株式市場
ヘッジファンドGCIの山内英貴CEOの市場分析
大崎 明子2021年3月4日
先週はアメリカの中長期金利の上昇、インフレ懸念からFRB(連邦準備制度理事会)が引き締めに転じるので…
経済悪化に耐えきれず北朝鮮が国境を開放へ
東洋経済オンライン
経済悪化に耐えきれず北朝鮮が国境を開放へ
中国・丹東での貿易を本格化させるが人的交流はまだ先
福田 恵介2021年3月3日
2019年末に新型コロナウイルス感染者が中国で発生したことを受け、2020年1月下旬には中国との国境を固く…
米長期金利が一服しても、拭えない「不透明感」
東洋経済オンライン
米長期金利が一服しても、拭えない「不透明感」
財政大盤振る舞いでインフレの火種もくすぶる
中村 稔2021年3月3日
アメリカの長期金利の上昇が世界の金融マーケットを揺さぶっている。米長期金利が約1年ぶりに一時1.6%台…
アメリカの経済成長率は10%接近の可能性
東洋経済オンライン
アメリカの経済成長率は10%接近の可能性
<金利・株価乱調>NYの専門家に聞く
中村 稔2021年3月3日
アメリカ発の長期金利上昇と株価波乱が日本をはじめ世界の金融市場を不安定にしている。アメリカの景気や…
着実な回復へ今こそ「賃上げ」が必要
週刊東洋経済プラス
着実な回復へ今こそ「賃上げ」が必要
経団連側は一律の賃上げには否定的だが
大崎 明子2021年2月26日
春闘の季節だが、盛り上がらない。連合が2%程度の賃上げ(定期昇給分平均1.6%程度を含む)を目標に掲げ…
スズキ「91歳のカリスマ」引退が示す大転換期
東洋経済オンライン
スズキ「91歳のカリスマ」引退が示す大転換期
自動車業界のレジェンドが第一線から退く
山田 雄大2021年2月25日
「ばいばい。ばいばい」約43年にわたってスズキのトップに君臨した鈴木修会長(91)。浜松の中小企業をグ…
「スーパー金融相場」は今年前半にピーク迎える
東洋経済オンライン
「スーパー金融相場」は今年前半にピーク迎える
<株価3万円の先を読む>専門家の見方
中村 稔2021年2月25日
日経平均株価は2月15日に約30年ぶりとなる3万円台を回復した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で202…
日本製鉄が東京製綱に振り上げた「拳」の威力
東洋経済オンライン
日本製鉄が東京製綱に振り上げた「拳」の威力
株式を買い増して「会長は退け」と詰め寄る
山田 雄大2021年2月21日
財界総理を輩出した“ザ・日本企業”が出資先に突如として拳を振り上げ、大きな注目を集めている。日本製…
「ゲームストップ騒動」と米株式市場の行方
週刊東洋経済プラス
「ゲームストップ騒動」と米株式市場の行方
株価が数日で10倍近くに暴騰
中村 稔2021年2月19日
米国の株式市場で1月下旬、経営不振のゲーム小売会社ゲームストップ(GME)の株価が数日で10倍近くに暴騰…
西浦教授が懸念、ワクチン開始後の「第4波」
東洋経済オンライン
西浦教授が懸念、ワクチン開始後の「第4波」
中盤戦以降のコロナ禍といかに向き合うか
野村 明弘2021年2月7日
昨春の緊急事態宣言時に8割接触削減を提唱し、「8割おじさん」として知られるようになった西浦博・京都大…
暴発した国軍とスーチー氏の「対話不足」の深刻
東洋経済オンライン
暴発した国軍とスーチー氏の「対話不足」の深刻
民主勢力の再起が厳しい中、日本にできること
福田 恵介2021年2月6日
2月1日にミャンマーで発生したクーデターで、アウンサンスーチー国家最高顧問が拘束・軟禁状態に置かれて…
菅政権が「コロナ第3波」の対応に遅れたワケ
東洋経済オンライン
菅政権が「コロナ第3波」の対応に遅れたワケ
8割おじさん・西浦教授が政策決定過程に苦言
野村 明弘2021年2月6日
10都府県で3月7日まで1カ月間延長された政府の緊急事態宣言。なぜ、菅義偉政権は「Go To キャンペーンと…
ESG投資のプロが語る「脱炭素マネー」の潮流
東洋経済オンライン
ESG投資のプロが語る「脱炭素マネー」の潮流
気候変動が生み出すリスクとビジネス機会
中村 稔2021年2月6日
世界的な気候変動リスクへの関心の高まりと各国政府の脱炭素宣言もあって、環境・社会・企業統治を考慮し…
異常な需給逼迫が続いた電力市場。根本原因は
週刊東洋経済プラス
異常な需給逼迫が続いた電力市場。根本原因は
平常時のおよそ40倍、史上最高値を記録
岡田 広行2021年2月5日
昨年12月末に顕在化した電力需給の逼迫により、余剰の電力を売り買いする日本卸電力市場の価格が急騰した…
個人投資家のヘッジファンド攻撃が示すリスク
東洋経済オンライン
個人投資家のヘッジファンド攻撃が示すリスク
個人マネーが市場のボラティリティを高める
大崎 明子2021年2月5日
金融市場における個人投資家の影響力の拡大は、この先どんな影響を及ぼすのだろうか。先週のゲームストッ…
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT