コロナ専門家会議が解散するまでの一部始終
東洋経済オンライン
コロナ専門家会議が解散するまでの一部始終
釜萢敏日本医師会常任理事が語る反省と課題
岡田 広行
政府は「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」(以下、専門家会議。脇田隆字座長)を廃止し、新型イン…
「イージス・アショア」配備計画撤退の裏事情
東洋経済オンライン
「イージス・アショア」配備計画撤退の裏事情
陸自の当事者意識欠如と「パンフ購入」の弊害
福田 恵介
2017年に導入が決定され、秋田市と山口県萩市の陸上自衛隊(陸自)演習場に配備される予定だった陸上配備…
東洋経済が新型コロナ「実効再生産数」を公開
東洋経済オンライン
東洋経済が新型コロナ「実効再生産数」を公開
感染状況を示す指標、西浦・北大教授が監修
野村 明弘
東洋経済オンラインは5月20日から、リアルタイム性を重視した新型コロナウイルスの「実効再生産数」の掲…
エッセンシャルワーカーの賃金増は可能なのか
週刊東洋経済プラス
エッセンシャルワーカーの賃金増は可能なのか
待遇改善には政府の何らかの介入が必要に
野村 明弘
「エッセンシャルワーカー」(以下、EW)と呼ばれる人たちの奮闘ぶりが、新型コロナ禍で自粛生活をするわ…
Jヴィレッジ除染めぐる東電と福島県の隠し事
東洋経済オンライン
Jヴィレッジ除染めぐる東電と福島県の隠し事
聖火リレー開始地点に汚染廃棄物を極秘保管
岡田 広行
東京電力の原発事故により7年にわたって使用不能となったサッカーのナショナル・トレーニング施設「Jヴィ…
経済運営に大きな課題、難局迎えた文在寅政権
週刊東洋経済プラス
経済運営に大きな課題、難局迎えた文在寅政権
新型コロナの対応では優等生だが
福田 恵介
「新型コロナ対応の優等生」「K(コリア)防疫はブランドになった」と胸を張る韓国の文在寅(ムンジェイ…
トヨタを"超えた"テスラ、上昇続く株価の行方
東洋経済オンライン
トヨタを"超えた"テスラ、上昇続く株価の行方
過剰な期待にはイーロン・マスクも困惑か
山田 雄大
2010年5月、トヨタ自動車の豊田章男社長とアメリカのテスラのイーロン・マスクCEOは資本・業務提携で堅い…
東京製鉄、電炉の雄が自動車用鋼板にかける執念
東洋経済オンライン
東京製鉄、電炉の雄が自動車用鋼板にかける執念
日本の電炉業界の展望を西本利一社長に聞く
山田 雄大
日本の鉄鋼業界ではメインプレーヤーである鉄鉱石から鉄を作り出す高炉メーカーの経営が苦境に直面してい…
FRBが示した「22年末までゼロ金利」の影響度
週刊東洋経済プラス
FRBが示した「22年末までゼロ金利」の影響度
FOMCメンバー17人で異論を唱えたのは2人だけ
中村 稔
「利上げは考えることすら考えていない」。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は6月10日、金融政…
サムスン「世襲決別宣言」の真意
週刊東洋経済プラス
サムスン「世襲決別宣言」の真意
韓国財閥は本当に変われるのか
福田 恵介
「子どもに経営権を承継しない」。韓国を代表する財閥・サムスングループのトップ、李在鎔(イジェヨン)…
日本がコロナ2波に勝つ科学的で現実的な戦略
東洋経済オンライン
日本がコロナ2波に勝つ科学的で現実的な戦略
鎌江東大教授が説く社会的価値のある医療政策
大崎 明子
コロナ感染拡大の第1波では日本は欧米に比べて、また毎年の季節性インフルエンザに比べても人口対比の死…
北朝鮮、連絡事務所「爆破」に出た本当の理由
東洋経済オンライン
北朝鮮、連絡事務所「爆破」に出た本当の理由
実利と感情で韓国に仕掛けた正面突破作戦
福田 恵介
6月16日、北朝鮮は韓国に対して実力行使に出た。北朝鮮の古都・開城市にある南北共同連絡事務所を爆破し…
中国に衝撃「月収1.5万円が6億人」の貧しさ
東洋経済オンライン
中国に衝撃「月収1.5万円が6億人」の貧しさ
家計資産1億円超える大都市との巨大な格差
西村 豪太
今年5月に中国人民銀行(中央銀行)が公表したリポートによれば、中国の都市部住民の家計総資産は1世帯平…
アメリカ「分断危機」の深層
週刊東洋経済プラス
アメリカ「分断危機」の深層
全米各地で広がる抗議デモは世界にも波及
中村 稔
その映像はあまりに衝撃的だった。5月25日、米中西部ミネソタ州ミネアポリスで身柄を拘束された黒人男性…
次の感染拡大への備えはできているか
週刊東洋経済プラス
次の感染拡大への備えはできているか
4月初旬を上回る急増が起きた場合の備えは十分か
岡田 広行
全国規模での緊急事態宣言は5月25日に解除されたものの、新型コロナウイルスの感染再拡大が懸念されてい…
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。