「合法PTA」がひっそりと増えつつある理由 学校から児童名簿をもらうのは違法?

✎ 1〜 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 最新
拡大
縮小
実は多くのPTAが非合法に名簿を取得している?(写真:NOV / PIXTA(ピクスタ)
子どもがいる人は、ほぼ誰もがかかわることになるPTA(Parent-Teacher Association)。学校と保護者、地域との橋渡し役を期待されるこの組織には、さまざまな謎や問題が付きまといます。いったいPTAとどうかかわるべきか?『PTAをけっこうラクにたのしくする本』の著者・大塚玲子が迫ります。

入会申込ナシでPTAが会員を獲得できるマジックの種

なんでわざわざ書くの、と思われるほど当たり前の話ですが、私たちは何かの会のメンバーになるとき、入会の申込みをします。

電器店でもスポーツクラブでもNPOでもなんでも、会員になるためには、名前や連絡先などの情報を伝え、加入を申し込む必要があります。その結果、キャンペーンやイベントの案内が届いたり、会費の支払いを求められたりして、会員として扱われるようになるわけです。

この連載の過去記事はこちら

ところが、PTAは多くの場合、申込みが不要です。子どもが学校に入ると、保護者は自動的にPTA会員として扱われます。PTAに入るかどうか、意思を問われる機会がないのです。改めて考えてみると、ちょっとおかしな仕組みでしょう。

戦後まもなく、アメリカの要請で日本にPTAが導入された当時は、まだみんな任意加入するような会に馴染みがなかったため、一律で自動加入する形にしてしまったのかもしれません。しかし今の時代、本人の意思を問わず団体に入らせるというやり方は、むしろかなり特殊です。

この全員自動参加方式には、さまざまな弊害もあります。

たとえば、会費を払えない人・払いたくない人が、給食費の支払い口座から勝手にPTA会費を引き落とされてしまう。家庭の事情などで活動に参加できない人・したくない人も否応なく仕事を押し付けられてしまう。そういったことが起きてしまいます。

次ページ名簿が流用されている?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT