「合法PTA」がひっそりと増えつつある理由

学校から児童名簿をもらうのは違法?

例2:Bさん(東京都・B区)公立小学校PTAの場合

3年前から、PTA入会の「確認書」を集めるようになりました。

きっかけは「学校から名簿がもらえなくなったこと」でした。当時の校長が問題を認識し、PTAへの児童名簿の提供をストップしたため、執行部が相談し、申込書を回収する形を整えたのだそうです。

例3:Cさん(東京都・C区)公立小学校PTAの場合

昨年4月(今年度)から「入会届」と「退会届」が整備され、さらに会則も改訂されて、入退会に関する規定が加えられました。

きっかけは、Cさんが退会を申し出たことです。ただし、Cさん自身は「入会の意思を問わないのは、おかしいのでは」と言ったのみで、具体的な要望(申込書の配布や会則の整備)は特に出さなかったそうです。

「おそらく、問題を認識した校長先生が中心になって、届出や会則を整えてくれたのではないか」とCさんは推測しています。(詳しい経緯は、ライター・田所永世さんのブログをご覧ください)

例4:Dさん(滋賀県・D市)公立小学校PTA

3年前(2013年度)から、PTAに個人情報を提供する「同意書」を、全家庭に配布・回収するようになりました。

用紙には「同意する/同意しない」の選択欄があり、「同意する」を選んだ場合は、電話番号や住所などを記入のうえ提出します。「同意書」を集めるようになったのは、DさんがPTAを退会した際に、入会届を配布するよう働きかけたことがきっかけでした。

以上4例、それぞれ配布している用紙の名称は異なりますが、実質的には入会申込書といえるでしょう。

いずれのPTAも、現在は学校から名簿の提供を受けていません。なお今のところ、PTA加入率は4例とも95%を超えているそうです。

次ページ必ず論点になる2つの問題
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT