「合法PTA」がひっそりと増えつつある理由

学校から児童名簿をもらうのは違法?

また誰だって、自分の意思と関係なく何かを強制されるのは嫌なものです。そもそも入るかどうか聞かれてもいない団体の活動ですから、当然いやいや参加する人が多くなり、PTA活動が嫌われる根本原因にもなっています。

名簿の流用はアリなのか?

ではなぜPTAは、入会申込ナシで会員を獲得することができるのでしょうか? それは学校側からPTAに、児童や生徒の名簿が渡されているからです。

学校とPTAは全く別の団体ですから、実は名簿の提供・流用は当然やっていいこととは言えません。個人情報保護法に違反してしまいます。逆に言えば、名簿という個人情報が適切に管理されていないからこそ、参加強制の問題が起きているともいえるのですが。

ただし最近は、そういった問題が徐々に学校やPTA関係者の間で認識されてきて、状況が変化しつつあります。

もし何か問題が起きた場合、学校やPTA執行部(本部役員)が名簿の無断流用について責任追及されることは間違いありません。ですから、そのような事態になる前に、なんらかの形で保護者から入会申込みを集めておこう、と考えるPTAが増えているのです。

筆者がここ1年ほどの間に聞いた、いくつかの例を紹介しましょう。

例1:Aさん(東京都・A区)公立小学校PTAの場合

6年前から、年度初めに「入会のお願い」という用紙を配るようになりました。用紙に「入会する・しない」の選択欄はなく、「用紙の提出をもって入会と扱います」という形です。

きっかけは、当時の保護者から「強制加入はおかしい」という声が寄せられたことでした。そこで、この保護者、PTA執行部、学校、教育委員会が何度も話し合いをした結果、「全家庭に入会申込書を配る」という結論に至ったそうです。

なお、これを機に教育委員会が区内の全小中学校に通達を出したため、同区内でその後もう1校、PTA入会申込書を集めるようになったということです。

次ページその他の学校の対応は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT