活況を呈する中途採用市場の実態調査

活況を呈する中途採用市場の実態調査

 

HR総合調査研究所

リーマン・ショック前よりも採用意欲が旺盛だと言われる中途採用市場。HR総合調査研究所(HRプロ)が実施したアンケート調査をもとに、その現状を探る。

●規模と業種で異なる人材採用の方針

正社員を採用する方法は2つ。新卒採用と中途採用だ。HR総研の今回の調査では、回答企業の53%が新卒採用を重視、27%が新卒採用と中途採用の両方を同程度に重視し、中途採用を重視しているのは17%という結果だった。業種と企業規模によっても傾向が違う。グラフを紹介しよう。

図表1:採用の方針(全体)

まずメーカー系だ。メーカー系は全体と似ていて、どの企業規模でも新卒重視が5~6割台、新卒と中途の両方を重視するのは2~3割台、中途重視は1割を切っている。

図表2:採用の方針(メーカー系)

非メーカー系はまったく異なる。「1001名以上」では87%が新卒重視で、残りはそれぞれ7%程度に過ぎない。しかし「301名~1000名」になると新卒重視は48%と激減し、「300名以下」では34%とさらに減る。小規模の非メーカー系では新卒採用が難しいという理由もあるだろうし、育成する余裕がないのかもしれない。

図表3:採用の方針(非メーカー系)

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT