活況を呈する中途採用市場の実態調査

 

●業種で異なる中途採用の手段

中途採用の手段だが、多いのは転職サイト、自社ホームページ、ハローワーク、人材紹介の4つだ。ただし、メーカー系では転職サイトの利用率は低く、非メーカー系では高い。

人材紹介はメーカー系で高く、非メーカー系ではやや低い。「技術・研究」は、人材紹介を利用しないと、転職サイトでは採用しづらいということなのだろう。ハローワークの利用は、企業規模により大きく違いがある。中堅・中小企業の利用は高いものの、大手企業での利用度は低くなっている。

図表12:中途採用の採用手段(メーカー系)

図表13:中途採用の採用手段(非メーカー系)

応募者の全体の数については、「期待通りの応募数があった」としたのは半数以下の46%に過ぎず、「ほとんど応募がなかった」企業も7%あった。

図表14:過去6ヶ月間の募集における応募数

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT