活況を呈する中途採用市場の実態調査

 

●中途採用募集は賞与月狙い

では、年間を通じて何月に中途採用を行うのだろうか? 採用時期ではなく、募集時期で聞いてみた。巷間に流布されている雇用常識では、期首や新規プロジェクトが始まる4月と10月採用の求人件数が増えると言われている。しかし、今回の調査を見ると、確かに4月と10月に2つの高い山があるものの、応募があっても現職を持つ人がすぐに入社となるわけではなく、4月・10月採用のための募集とは考えづらい。

現職を持つ人の場合、引き継ぎや有給消化等を考えると、採用内定から入社までに1カ月~1ヶ月半程度は要するはず。つまり、4月・10月の募集は、その2カ月後の6月、12月を視野に入れてのものだ。6月と12月は、賞与が支給される企業が多く、前職で賞与を受給してすぐに転職する層を狙ったものであろう。逆に募集意欲が低いのは、期末の1月~3月と夏季休暇となる8月。

図表8:中途採用募集(正社員)をする時期

●新卒採用と異なる中途採用の選考ポイント

新卒採用ではポテンシャルを見て選考するが、中途採用のモノサシは違う。最も重視されるのは「職務経歴」と「スキル」、そして「人柄」「熱意」である。
「学歴」や「学生時代の専攻」はまったく重視されず、本人の意欲と経歴、スキル本位で選考されている。新卒採用では、「ターゲット校」「学歴フィルター」と呼ばれる学歴格差が存在するが、中途採用ではあまり関係ない。新卒では就職先にこだわるよりも、スキルを身につけてステップアップを狙った方が、可能性は大きく広がりそうである。

図表9:中途採用の選考で重視すること

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT