忘年会&新年会続きでも「太らない人」の習慣

勝負は「飲み食いする前」に決している

醸造酒は、穀物や果物などの「糖分」を発酵させてつくるお酒ですので、糖質が多く含まれています。蒸留酒はこの醸造酒に熱を加えて、いったんアルコールを気化させ、それを冷まして液状にしてつくるお酒ですが、この蒸留の過程を経ることで、糖質がほとんど含まれなくなるのです。最も糖質の多い混成酒は、醸造酒や蒸留酒をベースに、果汁などを加えてつくります。飲みやすさを重視した甘いお酒が多く、そのため糖質やカロリーもいちばん高くなります。

2杯目以降に選ぶお酒と飲み方は?

蒸留酒の代表は、ウイスキーのほか、焼酎、泡盛、ブランデー、ウォッカ、ジン、ラムなど。醸造酒は、ビールのほか、日本酒やワインなど。そして混成酒は、梅酒のほか、カシス・ライチといった果物のリキュールなどが含まれます。

「とりあえずビール」は飲み会の定番。1杯目から違う飲み物は頼みづらいでしょうし、せっかく飲み会に参加するなら、楽しくストレスを発散するのも大切。ビールは飲んでもかまいませんが、できれば1杯目だけにしておきましょう。

2杯目以降におすすめなのは、ウイスキーや焼酎などの蒸留酒を割った飲み物。蒸留酒は、糖質は少ないですが、アルコール度数が高いので、薄めて飲んだほうが飲み過ぎを抑えられ、急速に酔いが回るのも防げます。このときに注意したいのが、甘いジュースやソーダではなく、水割り、お湯割り、緑茶割り、無糖の炭酸水割りなど、「ノンカロリーのもので割る」ことです。

同じ考え方で、飲み過ぎ予防には「お酒」と「お水やお茶」を交互に飲むのも効果的。アルコールの分解には多量の水分が必要なので、水分をこまめに補給すると、二日酔い防止にもなります。

また、炭酸で割った飲み物は、おなかも膨らむので、食べ過ぎ予防にもなります。NHKの朝ドラで『マッサン』が放映されて以降、ウイスキーを炭酸水で割った「ハイボール」を置いている店もさらに増えましたね。ほかには「生搾りレモンサワー」「生搾りグレープフルーツサワー」などの生搾り系サワーもおすすめですが、単に果汁シロップやジュースを加えて割ったサワーは、当然ながら糖質を多く含んでいるので注意しましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。