なぜトップ営業は「駄目リーダー」になるのか

優秀なプレイヤーが乗り越えるべき3つの壁

優秀なリーダーになるために超えるべき壁とは?(写真:iStock/andresr)
個人プレーで結果を残せば認められるのは、せいぜい入社5年目まで。個人で結果を出した次に求められるのは、チームで最高の力を発揮し、結果をつかみとること。
本連載では、新刊『27歳からのMBA グロービス流リーダー基礎力10』を刊行したグロービス経営大学院の講師陣が、どんな組織にも通用する、どんな難問にも困難にも立ち向かえる、強いリーダーになる武器を授ける。

優秀なプレイヤーから、リーダーになった同期

結果を出せるリーダーになるための10の武器を紹介(本書の刊行を記念して、セミナーを開催します。詳しくはこちら

毎年のように営業成績のトップで表彰され、めでたく営業チームのリーダーになった同期。少し嫉妬を感じながら久しぶりに飲み行ったら、出てきたのはこんな話。

「メンバーがうまく動いてくれず困っている」

「営業の数字の見方には自信があるが、会計と言われると……」

「メンバーが体調不良を訴えるケースが急に増えてしまって」

「入社したての頃は、いろいろなセミナーなどに行って勉強していたけど、最近はそんな余裕もまったくなくて」

「うちのチーム、営業成績がとうとう全国の真ん中ぐらいまで落ちてしまった」

皆さんの周りにも、スーパー担当者がチームリーダーに抜擢され、しばらく後にかつての輝きを失ってしまったという事例があるのではないでしょうか。明日は我が身です。

優秀なプレイヤーだったからこそ、真のリーダーになるために、越えなければならない壁があるのです。

その壁を3つに分けて見ていきましょう。

次ページ自信を持ち過ぎてない?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。