「会社生活を楽しめない人」の残念すぎる思考

超一流のプロが社内起業の本質を明かす

グリーンがどこにあるか、どちらへ向いてて打ったらいいか、くらいは言ってあげないと駄目です

石川:「いやいや、自由に出しても受け入れてくれるわけがないだろう」って誰でも思うじゃないですか。だけど、結構そういう会社多いんですよね。だから事務局の人は、ゴルフにたとえると、せめて「フェアウェイ」と「OBゾーン」くらいは言ってあげないと。とりあえずグリーンがどこにあるかわかんない、ティーグラウンドからどちらへ向いて打ったらいいかわかんないじゃないですか。「フェアウェイはなんですか。OBゾーンはなんですか。」って聞くと、答えられる経営企画部の人、ほとんどいないですよね。

常見:新規事業って、別にコンテスト「だけ」から生まれるわけではないですよね。他にも注目すべき手法ってありますか?

石川:僕は技術者と仕事をすることが多いのですが、彼らって「ヤミ研」をやっているんですよね。本当の研究テーマは別にあるんだけれども、実は机の下で薬剤を使ってちょっと違う実験をやっているとかね。そういう文化は理系の方の中では案外あって、それに近いことは技術の会社は結構やっています。こういうことに片目をつぶって許容する余裕ってすごく大事だと思いますね。

会社との関係を考える

石川:企業人として幸せに生きることができる人と、そうじゃない人で、どこで違いが出てくるかのひとつとして、キャリアを考えるときの3つの輪ってよく言いますよね。

常見:ありますね。

石川:「want」「can」「needs」の3つの輪の中央で仕事ができるといちばんいいですよ、という話なんですが、さらに大きなところに会社の3つの輪があるんですよね。「want」はビジョンじゃないですか。「can」は会社の経営資源かもしれないし、「needs」というのは会社としての経営課題かもしれない。会社としてやりたいことって、実は3つの輪が重なって、6つになっているというかな。

そのときに、自分がやりたいことをいろんな言葉で語ると思うんですけど、会社が言っているビジョンとうまく微調整をして「つまり俺がやりたいことはこの会社のビジョンに照らせばこういうことだな」という文脈に変えていくとか、アジャストができる人は幸せになると思いますし、少しでも違うと、「いや、これは俺のやりたいことじゃない」っていうふうになるとなかなか厳しいと思うし、辞めざるをえないと思うんですけど、でも微調整できる人って案外多いと思うんですよね。

次ページ人事は全部、経営からのメッセージ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT