「会社生活を楽しめない人」の残念すぎる思考

超一流のプロが社内起業の本質を明かす

常見:そこなんですよね。僕も案件で嫌な思いをしたことがあって、ほら、新規事業コンテストって、社内報なんかで誰が賞を取ったかわかるじゃないですか。「おいッ!」と思ったのが、準グランプリになっているのに、審査員の役員のコメントが「ウチのビジネスモデルと合わない」「ウチの目指す利益率では無理」ってのがあって。新しいことをやろうとしているのに、ウチのビジネスモデルとか利益率に合わないってどうなのよって思ったことがあって。

一緒に事業部内での新サービスを担当している先輩と、役員や部長にプレゼンをして玉砕して帰ってきたことがあるんですけど、そのときに彼がぼそっと言っていたのが、「これうちの上司に持っていかないで、外の投資家に持っていたほうが早いかもしれない」と。

コンテストで入賞しても事業化されない

コンテストと実際は別と言われても……

石川:世の中の社内起業制度で、うまくいっていないものの、ひとつの理由は、コンテストで上のほうにいくんだけれども、事業化されない、なんなんだあれはっていうことは結構多いですね。リクルートでもそういうことは結構、起きていました。

コンテストと実際は別と言われると、「なんなんだっけ」という話になったので、当時、「俺がやる」って役員から手が挙がらなかった案件は入賞させない、と変えたことがあります。要はグランプリを取っているくせにやらないっていうのは、どうなのかと。「俺は担当していない」とひくんだったら、評価してもしょうがないので。

常見:ですよね。

石川:あの頃「スタ誕」っていう言い方をしていました。若い人は知らないでしょうね、テレビ番組「スター誕生!」って。デビューしたいっていう人が、そこで歌を歌って、プロダクションが自分の事務所に採用してもいいと思ったら、札を上げるんですよね。札がひとつでも上がったらそのプロダクションに採用される。3つ上がったら、そのプロダクション間で話し合って、どこのプロダクションに行くか決まる、というのがあったんですよ。

それをリクルートの新規事業コンテストでもやったことがあって、「今の案件ですけれども、僕がやりたい、責任を持って自分が担当役員としてやりたいっていう方はいますか?」って言って、手が上がらなかったらアウト。下馬評が高くても、点数が高くても、結局そういうのはやらないので。

でも、一人でもいると、そこで始めようと言ったりとか。たまに二人、手が上がると、お互いプレゼンし始めるんですよね。「僕はこういう手法軸でこういきたい」とか「僕はユーザー軸でこういうのを広げたい」とかそういった話になったり。「たしかにその可能性があるよね」と、話し合いにならなければ、あとは役員同士で話をして、全社的な見地でどっちの文脈でやったほうがいいかと決めたりとか。

次ページ役員にプレゼンすると、だいたい文句を言う
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT