「海外経験なし」でCAになるための英語学習法

超人気職種「CA」就職講座<3>

2014年4月24日ANAのCA新制服発表会にて。CAはあこがれの職業として、今でも根強い人気がある(撮影 : 尾形文繁)
「スチュワーデス物語」、「やまとなでしこ」、「アテンションプリーズ」……。いつの時代も、女子のあこがれの職業のひとつとして数えられているキャビンアテンダント(以下、「CA」と表記)。労働条件が厳しくなってきているとはいえ、いまもなお、その人気は健在のようです。今回、CAに関心を持つ学生を対象に、3回連載で「CA」就職講座をお届けします。

 

「第二回:「容姿端麗」は、CAになる必須条件なのか」で十分にお伝えしきれなかった航空会社がキャビンアテンダント(以下、「CA」と表記)に求める条件のひとつに外国語の運用力があります。

航空業界はいま、激動の時期に入っています。LCC(格安航空会社)が日本でも認知されつつあり、多くの外国の航空会社が日本に乗り入れ、日本の航空会社であるANAでも国際線増便に力を注いでいます。日本人だけでなく、多くの海外からの旅客も抵抗なくJALやANAなどの日本の航空会社を利用しています。このような状況において、外国語運用力は国際線乗務のCAにとってもはや必須のスキルです。

日本の航空会社も、CAたちの外国語運用力向上に力を注いでいます。全社員にTOEIC750点以上の取得を課している会社も存在します。そこで今回は、特に採用試験における英語運用力の測り方について、そして英語が苦手な志望者のためにその習得方法について紹介していきましょう。

TOEICスコアが低くても、国際線CAになれるのか。

航空会社には、TOEICのスコアで採用基準の目安となる英語力(TOEICスコア550〜600)を示しているところもありますが、筆者が支援する内定者のTOEICスコアを調査してみると厳密な合格ラインではないようです。実際、筆者が支援する学生の中には、海外留学経験なし、TOEIC400点台で日本の大手航空会社CAに内定したものが複数います。

だからといって、TOEICスコアは必要ないと言っているのではありません。日本の航空会社は、TOEICスコアが低く英語力の足りない内定者たちへ入社の条件として「入社までの英語力の向上」を指示しています。

TOEICを用いているのは日本の航空会社だけではありません。

次ページTOEICスコアを上げるには?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。