育児は俺に任せろ!スーパー父親軍団の正体

男たちよ、「妻の人生」を大切にしているか?

会社に制度がない。仕事が忙しい……。言い訳をする前に、ときには何かを諦めることも含め、真っ先に子育てを優先する努力をできているだろうか。「とにかくやる方法を考える」というのが、高橋さんの流儀だ。

「僕はあまり同僚とお酒を飲まないですね。『右手で仕事、左手で子育て。もう両手が埋まっていますので、すいません、ゴルフも行けないです』と、断っています。飲み会やゴルフに行きたい気持ちがないと言えばウソになります。でも、今はそれより優先したい、今しか出来ないことがある。妻も仕事が増えてきたし、子ども育ってきていますから」

どんなに仕事が忙しくても、子育ての時間をつくることができるかどうかは、働き方を見直し、やりくりすることができるか次第ということを高橋さんは教えてくれる。

諦めた代わりに得られたもの

だが高橋さんは、諦めることがあった一方で、子育てを通じて得ることもあったと言う。

「パパ同士で集まると、大抵、子育ての話になります。先日もオムツはどう替えているか、こう替えてきたなどの自慢話で盛り上がりました。ちなみに僕はコストコで購入した透明のビニール手袋を片手につけて、オムツをつかみながらビニール手袋をそのまま裏返しにして、入り口をしばる、というテクニックを披露しました。それは使えると後輩ダディに賞賛をあびましたよ。

パパたちが集まると、こんな具合に子育てにまつわる話が中心になるのです。それがすごく楽しくて、そうしたところから『スーパーダディで、今度は何をやろうか』といった話に発展していくのです」

一見趣味や特技を失ったかに見えて、高橋さんたちSDAのメンバーは子育てという趣味や特技を得ることができたのだ。そして職場の人間関係だけではなく、子育てを通じて業種を超えた横のつながりができたことが、高橋さんにとって大きな財産になっているようだ。

次ページゆくゆくは園にひとり、スーパーダディを常駐
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT