育児は俺に任せろ!スーパー父親軍団の正体

男たちよ、「妻の人生」を大切にしているか?

最後に、高橋さんご本人が子育てを卒業した後、スーパーダディ協会をどうしていきたいのかを聞いた。

「子育てを卒業しても、SDAは自分がスペシャリストとして残したいと思っています。実際に20代後半、30代前半ぐらいの、まだ子どもが生まれたばっかりのスーパーダディさんが入ってきていますので。自分たちがスーパーダディのシニア部門的な立場になることで、次の世代のお役に立てればと思っています」

いずれは「よろず相談引き受け所」に

高橋さんは、一方の目で家族を見つめながら、つねにもう一方の目で社会を見つめている。

「将来は、スーパーダディのライセンスを持っている方が子育てのスペシャリストになって、子育てに困っている方々をサポートできるようになればいいなと思っています。たとえば園にひとりスーパーダディのライセンスを持った男性が常駐して、男性目線のケアはもちろん、保育士の心のケアをしたり、シングルマザーのお子さんのパパの代わりをしたり、保育現場、教育現場で、少しでも役に立てればとも思っています」

高橋さんの「一晃」という名前には、「1日1回光りなさい」というご両親の願いが込められているそうだ。高橋さんは、これからもスーパーダディの代表として、そしてアグレッシブな子育てに取り組むパパたちの希望の星として、光り輝くだろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT