育児は俺に任せろ!スーパー父親軍団の正体

男たちよ、「妻の人生」を大切にしているか?

SDAのホームページを開くと、「妻よ!子どもを産んでくれてありがとう 子育ては俺に任せろ!」と、迫力ある筆文字で書かれたコピーが目に飛び込む。協会が推進するのは、「人からやらされる子育て」ではなく、「自分から楽しみながらやる子育て」だ。

「SDAは『かっこよくなければダディじゃない!』を標榜しています。僕たちの次の世代に『ファッションにも持っているものにも気を遣って、子育てしてるパパってかっこいいじゃん!』と思ってもらえるようなパパ像をつくりたいのです」

たとえばSDAではこれまでに、セレクトショップのBEAMSとタッグを組み、夫である男性に、普段から「ゆるく家事を楽しもう!」と思ってもらえる新しいライフスタイル「ゆる家事」を提案してきた。これに伴いBEAMSの店頭では、初心者でも簡単に家事を始められるゆる家事HOW-TO本や、ゆる家事にぴったりの楽曲が収録されたCDを配布。デザインからこだわって作った「ゆる家事エプロン」は、発売からすぐに完売した。

そのほかにも、料理研究家のSHIORIさんとコラボしたパパ向け料理教室、プロサッカー選手の鈴木啓太さんや『UOMO(ウオモ)』の表紙モデルのリヒトさんなどパパ有名人とコラボしたトークイベントなど、あらゆる手段で「かっこいいパパ」の子育て啓発を行っている。

「妻の才能を潰すのがイヤだと思った」

高橋一晃(たかはし いちこう)●1991年早稲田大学卒業後、株式会社東京放送入社。経理、営業、バラエティ番組、情報番組と様々な部署を歴任。現在、土曜放送の「王様のブランチ」のプロデューサーを務める。2009年4月に第一子誕生

日々繁忙の中にあって、SDAを発足させようと高橋さんを奮い立たせたのは、2つの愛だった。1つ目は、わが子とパートナーに対する愛だ。

「結婚して、2人で音楽の話をしたり海外旅行をしたり、すごく楽しい日々が続きました。しばらくは2人で友だちのようにいい感じで過ごしていたのですが、あるとき、子どもも『いたらいいよね』という話になって。そして子どもができたら、やっぱりかわいいですよね。そうなったからには、子育てを趣味にし、特技にしてやろうと思ったのです」

どうせ子育てするなら、徹底的に楽しみたい。そんな気持ちを語る一方で、パートナーの人生を思う高橋さんの本音もこぼれた。

「出会った当時僕が39歳で、妻が27歳。妻にはライターや作家としての仕事があり、僕は、彼女に才能があると感じていました。だから、結婚することで12歳も若い女性の才能を潰すのはイヤだなと。男性が一生懸命子育てすれば、妻に時間ができます。多くの男性に、自分の奥さんの人生も考えて欲しい。それがいちばん大切にしたいと思っている価値観です」

次ページ父親参加の育児で「少数精鋭」を育てる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT