育児は俺に任せろ!スーパー父親軍団の正体

男たちよ、「妻の人生」を大切にしているか?

そして2つ目は、社会に対する愛。「現在日本は子どもが少なく、結婚率も低いですよね。子どもが少なくなるということは、日本の国力が下がる。だとしたら今後、『少数精鋭の日本人』を育てるのが僕らの役割だ、なんて考えているところがあります」。

女性には男性にはない力がある。その逆もまた然りだ。できれば、お互いの強みを子育てに注ぎたい。それが高橋さんの考え方だが、言うは易し、行うは難しというもの。しかし、高橋さんはかっこいいパパ像を追求し、日本のパパたちに自らお手本を示す。

壮絶な一週間でも、やってやれないことはない

テレビ局のプロデューサーとして働く高橋さんの子育てライフは、まさにめまぐるしい日々だ。

「月曜日から金曜日まで朝は僕が子どもを園に送ります。そのうち半分ぐらいは、お弁当もつくります。週2回の引き取りは僕の担当。その日は子どもと一緒に夕食をとって寝かしつけ、その後自宅で仕事のやり取りをします。番組オンエア前は会社に泊まることが多いですが、朝まで仕事してそのまま子どもを送って、ちょっと家で寝て、また会社に行く、ということもあります」

過酷に見える日々だが、高橋さんは子育てについて誇らしげ語ることなく、つねにごく当たり前のこととして語る。それでも自己評価は、まだまだ「発展途上のダディ」だと言う。

「自分がサンプルになって『スーパーダディ』という新しいジャンルを提案していきたいと思っていますが、自分もまだスーパーダディにはなれていないです。協会名に『スーパー』をつけているのは、『スーパーになりたい集団』という意味なので」

次ページ「両手が埋まっているので、ゴルフ行けません」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT