日本サッカーは50年経ったら定着

長崎県サッカー協会会長・小嶺忠敏氏④

こみね・ただとし 1945年生まれ。島原商業高校、国見高校で教員・サッカー部監督を務め、全国高校サッカー選手権大会の6回を含む全国大会17回優勝。高木琢也、大久保嘉人など多くの代表選手を育成。現長崎総合科学大学教授、長崎県サッカー協会会長など。

日本サッカーの技術水準は間違いなく上がっている。

サッカー人口の裾野が広がったことが最大の理由だが、加えて、6歳から12歳までのゴールデンエイジで、サッカーの楽しさや厳しさ、テクニックをしっかり身に付けさせるという日本サッカー協会の指導が全国に行き渡ったことが大きい。

昔は静岡、埼玉、広島のサッカー御三家が強かったが、今は沖縄から北海道まで全国どこのチームが日本一になってもおかしくない。それは御三家の力が落ちたのではなく、ほかの地域の力が上がったのです。

一方で、みんなが同じサッカーをしているように感じる。みんなうまいし、いいサッカーをするけど、個性がなくなった。私は長崎サッカー協会会長もしているが、トレセン(協会の育成制度)担当者はうまい選手ばかりを集めたがる。トレセンの選考基準は、正確にボールを扱えて状況判断ができること。でも、小学生段階でそんなことができるのかいなと内心では思っている。早く成長する子供もいれば奥手の子供もいる。

日本の取り組みは南米や欧州とは差がある

100メートル走が13秒ゼロの選手をどれだけ鍛えても、11秒ゼロにすることは無理。でも、11秒ゼロで走れるが下手な選手の場合、練習次第でうまくなるかもしれない。技術は時間をかければ育てることができるので、身長がむちゃくちゃ高い、ものすごく足が速いといった、鍛えても身に付かない能力は重要だ。

 高木琢也は中学までサッカーをやっていなかった。高校入学時、シュートはどこに飛ぶかわからないが、10本に1本は釜本邦茂さん級のキーパーも取れないシュートを打った。毎日の居残り練習で得意の形を身に付けさせた。結果、高校3年で国体の得点王になり、後には日本代表のストライカーになった。

ただ、高木がシュートを外して負けた試合も多く、監督である私はいろいろ批判を受けた。技術は未熟だが先天的能力が高い選手を育てるには、指導者に我慢が必要だ。

画一化の懸念はあるが、日本サッカー界の取り組みの9割はうまくいっている。ただ、南米や欧州とはまだまだ差がある。サッカーの根付き方が違う。彼の地では男の子は全員サッカー選手を目指す。日本は野球やバレーボールなどに才能が分散してしまう。その中から能力がある子供を探して育てるので、どうしてもよい選手が生まれる確率が落ちる。

Jリーグができて20年弱。日本が世界トップになるにはまだまだかもしれん。あと30年から40年かな。50年経ったら定着するだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT