なぜサッカー部のキャプテンはモテるのか?

スポーツと男性差別のメカニズム

アベノミクスでも注目を浴びる、「女性の活用」。一見、聞こえのいいこの言葉、実は大きな問題をはらんでいるという。本連載では、そんな「男と女」にかかわるさまざまな問題を、異色の男性ジェンダー論研究者が鋭く斬る。
サッカーはなぜ、かっこいいのか?(撮影:大塚 一仁)

中学や高校の頃を思い出してみてください。クラスや学年でいちばんモテた男子ってどんなヤツでしたか? 勉強はあまりにできないとマイナスですが、すごくできたからってプラスには働かないですよね?

クラブ活動でいうと、科学部、将棋部、歴史研究会……この手の「じっと座ってる系」のクラブで人気者になるヤツは、あまりいません。

天文部って実は、流星観測とかを夜にやるので、意外に女の子にモテたりします。だって、夜道で星空を見ながら、「あれが乙女座のスピカで、となりが牛飼座のアークトゥルス。そこから春の大三角で……」。ちょっとロマンチックですよね。

で、その星座を解説してくれる先輩が、スポーツの部活でけっこう活躍していると、もう「ちょー人気!」になるのです。このスポーツとモテとの関係、いったい何なんでしょう? 結論から言うと、そこには深刻な「男性差別」のメカニズムが存在するのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT