なぜサッカー部のキャプテンはモテるのか?

スポーツと男性差別のメカニズム

アベノミクスでも注目を浴びる、「女性の活用」。一見、聞こえのいいこの言葉、実は大きな問題をはらんでいるという。本連載では、そんな「男と女」にかかわるさまざまな問題を、異色の男性ジェンダー論研究者が鋭く斬る。
サッカーはなぜ、かっこいいのか?(撮影:大塚 一仁)

中学や高校の頃を思い出してみてください。クラスや学年でいちばんモテた男子ってどんなヤツでしたか? 勉強はあまりにできないとマイナスですが、すごくできたからってプラスには働かないですよね?

クラブ活動でいうと、科学部、将棋部、歴史研究会……この手の「じっと座ってる系」のクラブで人気者になるヤツは、あまりいません。

天文部って実は、流星観測とかを夜にやるので、意外に女の子にモテたりします。だって、夜道で星空を見ながら、「あれが乙女座のスピカで、となりが牛飼座のアークトゥルス。そこから春の大三角で……」。ちょっとロマンチックですよね。

で、その星座を解説してくれる先輩が、スポーツの部活でけっこう活躍していると、もう「ちょー人気!」になるのです。このスポーツとモテとの関係、いったい何なんでしょう? 結論から言うと、そこには深刻な「男性差別」のメカニズムが存在するのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。