なぜサッカー部のキャプテンはモテるのか?

スポーツと男性差別のメカニズム

初心者の存在が許されないという男性差別

繰り返しますが、スポーツができるのは健康の証しであり、ぜい肉がなくスリムで、筋肉がある人がモテるというのと同じ現象だとすれば、理解は可能です。でも、カバディ(鬼ごっこみたいなインドの国技)のできる人がモテるでしょうか? 合コンで「今度セパタクロー(足のバレーボールともいわれる東南アジアのスポーツ)一緒にやりません?」ってアリですか?

このセパタクローとスキーの違いは何なのでしょう? 今ならスキーより、スノボでしょうが、テニスとスキーはバブルの頃、いわば「必修科目」でした。何の関係もない文科系のサークルが、夏は高原にテニスに行き、冬はスキーに行ったのです。セパタクローができるとしても、それは「まぁ、変わったサークルに入ってたのね」になるのに対して、スキーはどんなサークルに属していようと、「みんな一緒にやるスポーツ」なので、男性のほうができなければならない。

女性は「教えてぇ~!」と言えても、男性は言ってはならず、逆に教える側に立たなければいけないと考えるのです。「一緒にやるスポーツ」であるがゆえに、性差が問題となって、男性のほうが上手であることが要求されてしまう。なので、男性の初心者は存在が許されず、いきなり中級者から始まるという非道な「男性差別」が生まれるわけです。

サッカー部のキャプテンは、サラリーマンになった今、週末はフットサルをしているかもしれません。「一緒にやるスポーツ」としても、かなりポイントが高そうです。女性もちょこっと入れてもらうことができますし、雰囲気も都会的。ボールを蹴るのは同じなのに、セパタクローとはモテ度はかなり違うはずです。元サッカー部は、今でもやっぱり人気者なのです。

ただ、「なでしこ」の世界ランキングが、「ザック」よりはるかに上の時代に、「スポーツはいつも男が女に教えるもの」って少し無理がありませんか? 見栄を張らずに女性に教えてもらうというのも、この「男性差別」を崩していくひとつの戦略だと思うのですが。昔、体育大学卒の女性と知り合って、「バタフライ教えてくれる?」と聞いたら、「もちろん!」と言われて、ときめいたのを思い出しました。

私はいまだにバタフライをやると、後ろに進んでしまいます……。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。