フィンランド人は「夏休み3週間」が当たり前

日本人が知らない「余暇至上主義」の生き方

国土の8割が森と湖。長い間スウェーデンやロシアの支配下にあり、フィンランド共和国として独立したのは1917年のことだ

7月、横浜市のフィンランドカフェ「poro珈琲」で、二人のフィンランド人が日本人のさまざまな疑問や質問に答えていくイベント「フィンランドぐらしのおはなし。」(ザ・スクール・エコー・プロジェクト主催)が開かれた。

まずは、そのやりとりをいくつか紹介しよう。

フィンランド人の生活とは?

・子どもたちはどんな学校生活を送っているのでしょうか。

「低学年だと3時間くらいで授業が終わる。みな親は働いているので、放課後は(日本の学童のような)アフタヌーンクラブへ行きます。宿題をやったら遊び放題でした」

「夕飯が夕方4時くらいなので、その後に習い事や遊びにいくこともある」

「小学校の授業は45分。15分の休み時間にはどんなに寒くても外に出させられた」

「高校は日本の大学に近いかな。自分で授業を選んで単位をとっていくスタイルです」

・休みが多くてヒマなのでは?

「フィンランドで暮らし始めた当初は退屈しました。部活もないし。のんびり過ごす時間が多いので、自分で趣味を探す感じです」

「編み物をしたり本を読んだり、友達の家に遊びにいって世間話をしたり」

「大人はまき割りや雪かき、芝刈りなど、家に関することがたくさんあります」

次ページワークライフバランスは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT