3男1女の「元モデル母」が拓いた再就職への道

子だくさんワーキングマザーの仕事論<5>

専業主婦時代を経て、現在は日本語教師や企業研修トレーナーとして活躍している
3人以上の子どもを産み育てながらキャリアも継続させる道を選んだ “子だくさんワーキングマザー”を訪ねる連載、最終回。今回取材したのは、かつて広告モデルとして活躍、35歳から専業主婦となり、50歳にして15年ぶりに再就職を果たした3男1女の母、山下枝美里さん(51)だ。

15年ぶりに地下鉄に乗る

専業主婦だったとき、外出時はどうしても子ども4人連れとなるため、山下さんの移動手段はマイカーだった。ところが仕事に出るため久しぶりに乗った地下鉄は、この15年の間に様子が一変。初めての路線や駅をスマホ検索しながら、リハビリ感覚で電車を乗り継いでいる。

「昨年秋から日本語学校と人材育成会社の2カ所で働き始めて、毎日違う場所へ出勤。仕事が決まって慌ててスーツや靴、バッグを買いに走りました。なにしろブランクが大きいので、仕事が終わると毎日ヘトヘト。講師業は下準備もあるので、帰宅しても気が休まるときがありません」

日本語学校には非常勤講師として週2日出勤、50分の授業を8コマ担当。人材育成会社では企業研修トレーナーとして週3日、自治体や教育機関、一般企業で研修を行う。この春は新人研修セミナーが立て込み忙しく、地方出張もこなした。

「夫も子どもたちも、私が働くことを快く応援してくれます。なのに、家事だけはいまだに”ママの仕事”だと思っているふしがある。家族全員に『今はママのほうが忙しいから手伝って』と、再教育中なんです」

15年もブランクがあったのに、なぜ求人にエントリーしてすぐに2つも仕事が決まったのか。そのヒントは、山下さんがやりたい仕事に思う存分打ち込み達成感を得ることができた20代、家事や育児に専念してきた30代、そして40代半ばからの再就学にある。

次ページ20代はモデルに専念
関連記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。