会議で気まずい瞬間、何と言ったらいい?

60日集中特訓!ビジネス英語術 第33回

自分を理解してもらうにはきちんとした説明と表現が必須。(wavebreakmedia/PIXTA)

今日で会議の英語は終わりです。一対一での人間関係でも自分の言ったことが相手に理解してもらえないことがあるのですから、何人もの人が集まる会議ですと、自分が言ったことが理解されないことは多々あります。そんなときは、洗練された表現で誤解を解きたいものですね。今日はそんな相手に理解されていないときの対応フレーズを勉強しましょう。

気まずい状況をどう乗り切る?

With (all due) respect, that isn’t what I meant.
お言葉を返して申し訳ありませんが、それは私が意味した事ではありません。

with (all due)respect 「お言葉を返して申し訳ありませんが、失礼ですが」を入れることによって、とても洗練された言い方になります。

以下のような言い方もあります。

I’m sorry, but it is not my intention to be critical of anyone. Could I explain it in more detail?
すみませんが、誰かを批判するというのは私の意図しようとしたことではありません。その件については詳しく説明させてください。
I’m afraid we’ve been talking at cross-purposes.
残念ですが、どうも話しがかみ合っていないようです。

cross-purpose 「異なる・相反する」は、ビジネスではよく使う言葉です。

We often talk at cross-purposes.
私たちはいつも話が食い違います。

 

関連記事
トピックボードAD
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。