不快を与えず外国人の発言を遮るには?

60日集中特訓!ビジネス英語術 第32回

発言者を不快にさせずに、会議を軌道修正するには?(Rawpixled/PIXTA)

会議ではときに脱線してしまうこともありますね。今日はそんなときに、相手に不快感を与えないで上手に本題に戻すための表現を勉強しましょう。

不快感を与えないのが大切

I’m sorry to interrupt you, but I think you've strayed a bit from the topic.
話をさえぎって申し訳ないのですが、少し議題から逸れている様に思いますが…。

stray「(考え・話題などが)脇道へそれる・脱線する」は会議ではよく出てくる単語ですね。

We must not stray from the point.
要点から外れてはいけません。

interrupt「仕事の邪魔をする・話の腰を折る・中断する」もビジネスでは頻出英語です。

I hope I’m not interrupting you.
お邪魔でなければいいのですが…。

そのほかに以下のような本題に戻すための表現があります。

I think we are little off topic.
ちょっと議題からズレているようですね。
Perhaps, we should leave that subject for another meeting.
その件はまたの機会に話しましょう。
We should keep to the topic.
論題からそれないようにしましょう。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT