不快を与えず外国人の発言を遮るには?

60日集中特訓!ビジネス英語術 第32回

発言者を不快にさせずに、会議を軌道修正するには?(Rawpixled/PIXTA)

会議ではときに脱線してしまうこともありますね。今日はそんなときに、相手に不快感を与えないで上手に本題に戻すための表現を勉強しましょう。

不快感を与えないのが大切

I’m sorry to interrupt you, but I think you've strayed a bit from the topic.
話をさえぎって申し訳ないのですが、少し議題から逸れている様に思いますが…。

stray「(考え・話題などが)脇道へそれる・脱線する」は会議ではよく出てくる単語ですね。

We must not stray from the point.
要点から外れてはいけません。

interrupt「仕事の邪魔をする・話の腰を折る・中断する」もビジネスでは頻出英語です。

I hope I’m not interrupting you.
お邪魔でなければいいのですが…。

そのほかに以下のような本題に戻すための表現があります。

I think we are little off topic.
ちょっと議題からズレているようですね。
Perhaps, we should leave that subject for another meeting.
その件はまたの機会に話しましょう。
We should keep to the topic.
論題からそれないようにしましょう。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。