プレゼンで好感を得るには冒頭1分が勝負!

60日集中特訓!ビジネス英語術 第34回

プレゼンはつかみが大事!(Rawpixel/PIXTA)

海外で活動する日本企業が増えたり、外国人の従業員が増えたりする中で、英語でプレゼンテーションする機会ある人もいるのではないでしょうか。今日から最終日までは、有効なプレゼン表現を学びましょう。

まずはプレゼンが始まるときに使う表現です。たとえば自社商品を他社へ売り込む際のプレゼンの場合、相手も忙しい中時間を取ってくれていますので、開始前に大体どのくらいの時間がかかるかを明示することによって、好印象を与えられます。

ちょっとした説明を加えるだけで丁寧に

I’m very happy to see all of you today. I would like to thank you for your time. I know you all are really busy, so I’ll only take up 20 minutes of your time.
本日は皆様にお目にかかれてとても嬉しく思います。本日はお忙しい中、お時間を頂戴しありがとうございます。皆様お忙しいと思いますので、20分だけお時間を頂戴します。

もっと丁寧な言い方として、I would like to express my appreciation to you for taking the time to listen to this presentation today. / I appreciate you taking time out of your busy schedule.「お忙しいところお時間頂戴しありがとうございます」などもあります。

始めるときも、社内の会議ではなく自社の製品を購入してほしい相手の会社でのプレゼンである点を意識しましょう。

Shall we begin?
それでは始めましょう。
Perhaps, we could get started.
始めてもよろしいでしょうか?            
If it’s Ok, I’d like to begin.
よろしければ始めさせていただきますが。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。