形容詞に頼るからあなたの英語は伝わらない

60日集中特訓!ビジネス英語術 第35回

いくらカッコイイ形容詞を使っても、大事なことは伝わりません(xiangtao/PIXTA)

プレゼンの一番最初は自社の紹介ですね。ここはとても大事なポイントですので、パンフレットなどを使い会社の強みなどを簡潔に述べていきましょう。今日は自社の紹介フレーズです。

さりげなく強みをアピールするには

First of all, I would like to briefly tell you about our company. This brochure shows you more detailed information about us.
先ず初めに、当社について手短にお話しさせていただきます。こちらのパンフレットにより詳しい説明が載っております。

briefly「手短に、簡潔に」やconcretely「具体的に」はビジネスではよく使われる副詞です。是非覚えておきましょう。

Concretely speaking, we need to increase our revenue.
具体的に言えば、売り上げを伸ばす必要があるということです。

自社を紹介するときには、さりげなく強みを述べることが大事です。ただ、このときに注意したいのが、「大きい」「早い」などの形容詞はインパクトに欠けるということ。できるだけ具体的な事実や数字を使って説明しましょう。

We have a wide range of products. 
幅広い製品を揃えています。
We have 80 different kinds of products.
80種類の製品を揃えています。
We do business with many companies.
多くの会社と取引があります。
We do business with 200 domestic companies.
国内200社と取引があります。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。