英語でのプレゼンを左右するアピール術

60日集中特訓!ビジネス英語術 第36回

プレゼンの冒頭に欠かせないのは?(写真: blanche/PIXTA)

人の第一印象は3秒で決まると言われていますが、プレゼンテーションも開始後10 分以内で、そのプレゼンの評価が決まるとも言われています。その10分以内に、是非、自分のプレゼンは聞く価値があるということをアピールしましょう。

アピールするとき使える英語表現

Through my presentation, you will learn a lot about the potential customers’ needs.
このプレゼンテーションを通じて皆様が潜在顧客のニーズについて多くのことを学ぶことができると思っております。

potential「可能性がある、潜在的な」もビジネスでは頻出単語ですね。名詞形で「可能性、潜在能力」でも使われます。

I would like to explore potential business opportunities with your company.
御社との取引の可能性について検討したいと考えています。
 
Have you ever considered the potential benefits of finacial globalization?
金融市場のグローバル化による潜在的利益について考えたことはありますか?
 

このほかにもアピールしたいときに使える表現はあります。

After my presentation, you will understand more about serving clients' marketing needs.
このプレゼンテーションをお聞きになられた後、顧客のマーケティング上の要望に応えることについて、より理解を深めていただけると思います。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。