英語でのプレゼンを左右するアピール術

60日集中特訓!ビジネス英語術 第36回

プレゼンの冒頭に欠かせないのは?(写真: blanche/PIXTA)

人の第一印象は3秒で決まると言われていますが、プレゼンテーションも開始後10 分以内で、そのプレゼンの評価が決まるとも言われています。その10分以内に、是非、自分のプレゼンは聞く価値があるということをアピールしましょう。

アピールするとき使える英語表現

Through my presentation, you will learn a lot about the potential customers’ needs.
このプレゼンテーションを通じて皆様が潜在顧客のニーズについて多くのことを学ぶことができると思っております。

potential「可能性がある、潜在的な」もビジネスでは頻出単語ですね。名詞形で「可能性、潜在能力」でも使われます。

I would like to explore potential business opportunities with your company.
御社との取引の可能性について検討したいと考えています。
 
Have you ever considered the potential benefits of finacial globalization?
金融市場のグローバル化による潜在的利益について考えたことはありますか?
 

このほかにもアピールしたいときに使える表現はあります。

After my presentation, you will understand more about serving clients' marketing needs.
このプレゼンテーションをお聞きになられた後、顧客のマーケティング上の要望に応えることについて、より理解を深めていただけると思います。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。