双子誕生!「怒涛の1年」をどう乗り越えるか

共倒れを防ぐための「システム」とは?

双子の世話は大変なことこのうえない。夫婦が力を合わせないと乗り切るのは難しいだけに、夫婦力を高めるチャンスでもある(写真:leungchopan/PIXTA)
女性の新しい"はたらきかた"についての詳細は、週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」(好評発売中)をご覧下さい

富士通ビー・エス・シーでスマートフォンのシステム開発を担当する坂本隆さん(42)は、双子が生まれた2年前に、1年間の育休を取得した。産後に退院した妻から「無理です」と白旗が振られたのは、退院翌日のこと。妻の真美さんはそのときのことを「ひとりで双子の世話をするのはあまりにハードで、真剣に実家に帰ろうかと考えました」と振り返る。

「双子の育児は想像以上に大変だということがわかり、すぐに会社に育休を申請しました」(坂本さん)。育休をとっている男性が職場にいたものの、長くても2~3カ月。しかし、疲弊する妻を目の前に、翌年4月に保育園に入るまでは自分のサポートが欠かせないだろうと期間1年で申請し、会社に受理された。

夫婦2人で作り上げた共同戦線

新生児期は、昼夜関係なく3時間おきの授乳が必要になる。しかも、双子がそれぞれ違うタイミングで目を覚ますと、親は夜も1時間ごとに起きなくてはならないこともある。さらにもうひとりが泣くと、やっとの思いで寝かしつけた子も、再び起きてしまう。夫婦そろってこれに対応していたら、2人とも倒れてしまう。そこで妻と相談し、この状況を乗り越えるために生活をシステム化した。

1:1週間おきに交代で夜勤を担当する
昼担当と夜担当を決め、1週間でチェンジ。子どもが寝た時間や飲んだミルクの量をノートにメモし、次の担当者が見ればわかるように管理する。一方、昼の担当は買い物や食事作りなども行う。夜担当は負担が大きいため、昼の家事は免除。
2:昼に交替で2時間ずつの自由時間を持つ
終日家にいると息がつまるので、交代でリフレッシュの時間を設けた。自由時間に夫はジムに通い、妻はヨガをしたり近所のカフェで雑誌や本を読んで過ごした。
次ページ次に始めたのは「保活」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。