双子誕生!「怒涛の1年」をどう乗り越えるか

共倒れを防ぐための「システム」とは?

その後も双子が次々と保育園から病気をもらってきて、夫婦それぞれの有給休暇が足りなくなるなどさまざまな危機があったが、今では子どもが2歳になり、日々の暮らしもだいぶラクになった。とはいえ、いつも頭の中は先々の対策でいっぱいだ。

「今考えているのは、男女の双子なので、将来それぞれ部屋を分けるために、再度、引っ越しをしないといけないということです。多感な思春期になってからの引っ越しはかわいそうだと思うと、小学校入学前のタイミングがいいのかなとか、どの学区の小学校の評判がいいのかなど、考えることが次々に出てきます」

育児によって「夫婦力」が向上

双子育児の大変さは想像以上のものだったが、坂本さんがここに至るまでに徹底してきたのは、状況を乗り越えるための工夫と夫婦での協力だ。

「育休を取り、怒涛の1年間を妻と共有したからこそ、育児の大変さが細部まで理解でき、妻に過度な負担がかからないよう配慮できるようになりました」

家事・育児は夫婦どちらかの仕事ではなく、お互いに協力して乗り越えるもの。育休によって自然とそうした価値観を獲得した坂本さんにとって、家庭内のことはつねに「自分ごと」だ。だからこそ夫婦の信頼関係も高まり、困難な状況も乗り越えることができたのだろう。

妻も「1年間の経験があったからこそ、家事・育児の負担を暗黙の了解でシェアできる関係になれました」と2人で築いてきた結果ある「今」を分析する。こうして獲得した“夫婦力”は、今後家族が遭遇するさまざまな問題にもしなやかに対応していくパワーの源になりそうだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。