有料会員限定

ジム・ロジャーズが語る「お金が集まる人」の特徴 ウォーレン・バフェット氏らと並ぶ世界3大投資家

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

お金や投資の心得をじっくり解説する。

投資家のジム・ロジャーズ氏
ジム・ロジャーズ(Jim Rogers)/投資家。1970年代にジョージ・ソロスとクォンタム・ファンドを設立。驚異的なリターンを上げる。37歳で引退。その後、米コロンビア大学で金融論を指導する。テレビやラジオなどでも活躍(撮影:Luxpho Pte Ltd(原))

特集「株価4万円時代の「お金」超入門」の他の記事を読む

新NISAが始まり、日経平均株価は4万円時代へ。マイナス金利も解除され、経済や投資の環境は一変した。
『週刊東洋経済』4月6日号の特集は「株価4万円時代の『お金』超入門」だ。その道のプロ達を伴走者に、今こそ「お金」について考えよう。
『週刊東洋経済 2024年4/6号[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

ウォーレン・バフェット氏、ジョージ・ソロス氏と並び世界3大投資家と称されるのが、ジム・ロジャーズ氏である。そのロジャーズ氏にお金や投資についての心得をじっくり聞くことができた。あなたは投資の鉄人になれるか。

 

──いったい、お金はどういう人、どういう所に集まるのでしょう。

お金は知識とスキルを持っている人に集まるものだ。エンターテインメントもスキルだよ。歌を歌うテイラー・スウィフト、有名な経済コメンテーター……。人が欲しがるものを持っていれば、お金は集まってくるんだ。

50年前にひどい石油不足があっただろう? 大量の原油を抱える中東にお金が吸い寄せられた。人々が必要としているもの、欲していると思っているものでもいい、それらを手に入れることだ。

同じようなことが繰り返される

だが、注意すべきこともある。ラジオ、テレビ、コンピューター……これらが世に出てきたとき、人々は大興奮して、お金をつぎ込んだ。「この時代は永遠に続く」とね。でも勘違いだった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
株価4万円時代の「お金」超入門
カリスマに学ぶ株価4万円時代の「お金」超入門
ジム・ロジャーズ、清原達郎、パックン、出口治明…
ウォーレン・バフェット氏らと並ぶ世界3大投資家
経済教養小説『きみのお金は誰のため』著者
母子家庭で育ちハーバード進学、投資歴30年
ウクライナ、ロシア、ガザ、中国、アメリカ…
まずは給与明細を準備して3項目を確認しよう
『日本国債入門』を書いた経済学者が解説
ボストン・コンサルティング出身の高松氏が図解
「NISA」「配当利回り」「ノー・フリーランチ」…
フリマアプリの「メルカリ」もラテン語由来
「資本主義改革」本で注目の清水大吾氏が解説
年初からの株価騰落率トップ10&ワースト10
勧められないこと、手を出してはいけない商品も
非課税枠は再利用できる? 配当金に課税?
エクイティースプレッド、VUCA、レジリエンス…
代表的なESG型ETFと大型株の値動きを比べると…
「前の時代の成功者が新時代に最も適合できない」
普通の銀行と何が違う? なぜ金利を上げる?
マイクロソフト、アップル、アマゾン、グーグル、メタ
オープンAI、アンスロピック、メタ、ソフトバンク…
『世界は経営でできている』の岩尾俊兵氏が解説
アメリカ予算編成に携わった中林美恵子氏が分析
明海大学・小谷哲男教授が貿易戦争の行方を解説
ウェーバー、渋沢栄一、ハラリ、ドラッカー…
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内