有料会員限定

34年ぶり最高値 「日経平均4万円」はバブルなのか 年初からの株価騰落率トップ10&ワースト10

✎ 1〜 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 最新
拡大
縮小

日経平均株価は34年ぶりの史上最高値。その背景と今後の見通しとは。

株価のチャートとビジネスパーソン
(写真:tadamichi / PIXTA)

特集「株価4万円時代の「お金」超入門」の他の記事を読む

新NISAが始まり、日経平均株価は4万円時代へ。マイナス金利も解除され、経済や投資の環境は一変した。
『週刊東洋経済』4月6日号の特集は「株価4万円時代の『お金』超入門」だ。その道のプロ達を伴走者に、今こそ「お金」について考えよう。
『週刊東洋経済 2024年4/6号[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

今回の株高はバブル期とは違う──年初から騰勢を強め、2月22日に1989年12月末に記録した終値ベースの最高値3万8915円を34年ぶりに更新した日経平均株価。その勢いは止まらず、3月4日には大台の4万円超えも達成した。

3月19日にマイナス金利政策解除が発表されたが、デフレ脱却や当面緩和的な金融環境が継続されるとの見通しが好感され、株価はポジティブに反応。20日のFOMC(米連邦公開市場委員会)では、年内の利下げが先送りされる懸念が和らぎ、日経平均は再び史上最高値を更新した。

しかし、この株高は決して、「バブル」ではないというのが、市場関係者の共通認識だ。1株利益に対する株価の倍率であるPER(株価収益率)で比較しても、バブル期の東証1部(当時)の60倍前後に対して、足元の日経平均の予想PER(加重平均)は17倍台。過去10年の日経平均のPERはおおよそ12〜16倍台で、やや割高な水準には見える。

買い手となったのは海外投資家

ただ、「バブル高値の頃は土地の含み益も含めた『Qレシオ』という指標で株価が説明されていたが、足元の高値は好調な企業業績で説明できる範囲の株価水準」と、岡三証券の松本史雄チーフストラテジストは指摘する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
株価4万円時代の「お金」超入門
カリスマに学ぶ株価4万円時代の「お金」超入門
ジム・ロジャーズ、清原達郎、パックン、出口治明…
ウォーレン・バフェット氏らと並ぶ世界3大投資家
経済教養小説『きみのお金は誰のため』著者
母子家庭で育ちハーバード進学、投資歴30年
ウクライナ、ロシア、ガザ、中国、アメリカ…
まずは給与明細を準備して3項目を確認しよう
『日本国債入門』を書いた経済学者が解説
ボストン・コンサルティング出身の高松氏が図解
「NISA」「配当利回り」「ノー・フリーランチ」…
フリマアプリの「メルカリ」もラテン語由来
「資本主義改革」本で注目の清水大吾氏が解説
年初からの株価騰落率トップ10&ワースト10
勧められないこと、手を出してはいけない商品も
非課税枠は再利用できる? 配当金に課税?
エクイティースプレッド、VUCA、レジリエンス…
代表的なESG型ETFと大型株の値動きを比べると…
「前の時代の成功者が新時代に最も適合できない」
普通の銀行と何が違う? なぜ金利を上げる?
マイクロソフト、アップル、アマゾン、グーグル、メタ
オープンAI、アンスロピック、メタ、ソフトバンク…
『世界は経営でできている』の岩尾俊兵氏が解説
アメリカ予算編成に携わった中林美恵子氏が分析
明海大学・小谷哲男教授が貿易戦争の行方を解説
ウェーバー、渋沢栄一、ハラリ、ドラッカー…
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内