日経平均にはあまりこだわりすぎないほうがいい 日本株の上昇は、むしろこれから本番を迎える

拡大
縮小
日経平均はついに「平成バブル時代の高値」を突破した。だが投資初心者はその点にこだわりすぎないほうがいい。それはなぜか(撮影:梅谷秀司)

日経平均株価が2月22日に平成バブル時代の1989年12月29日につけた3万8915円を更新したのは記憶に新しい。その後は3月4日に初の4万円台乗せ(4万0109円)を達成、同月22日には4万0888円まで上昇したものの、4月以降は4万円を回復できず、直近は取引時間中に3万7000円を割り込むなど急落した。

今後の相場はどうなるだろうか。1989年当時と現在の株価指数などを比較、また個別株価の現状も分析しながら占ってみたい。

結論から言えば、個人投資家は現状の日経平均をどうしても1989年の3万8915円と比べて「高い、安い」と言いがちだが、それはあまり意味がないといってもいいくらいだ。現状はやや調整しているが、すでに日経平均を構成する多くの銘柄は史上最高値を更新しているし、日本株の上昇もこれからが本番だと言える。

そもそも日経平均の算出の仕方は?

日経平均は225銘柄からなるが、実際は単純にすべての銘柄の株価を足して225で割るわけではない。

簡単な計算式で表すと、

① (「株価」×②「換算係数」)÷③「除数」

となる。簡単に説明すると、各銘柄の株価に、株価水準の高低による影響をなくすために銘柄ごとに決定されている②の換算係数をかけ、それをもとに225社の合計株価を算出。それを③除数で割ってはじめて日経平均が算出される。

除数とは株式分割や併合、減資などで、指数の連続性が維持されるように修正をかけるための値のことだ。日経平均採用銘柄で入れ替えや分割などがあるたびに微調整される(より詳しく知りたい方は日経平均のプロフィルから日経平均の算出要領を参照)。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT