塾より効率的!「独学」で成功する人の秘策

独学「最大の欠点」には"火加減"で立ち向かえ

さて、ダメ人間作戦は「そもそも勉強自体したくない」ときの対処法なのですが、「勉強する気はあるが、なかなか乗り切れない」という瞬間もたくさんあるでしょう。

私の場合、家を出て図書館に行ったはいいが、なーんかやる気が出ない、という日がありました。どこかへ遊びに行くほど気が乗らないわけではないが、なぜか効率が悪い。そんな状態です。

こんなときには「お釜でごはん」作戦が有効です。思い出していただきたいのは、お釜でごはんを炊く際の合言葉、「はじめチョロチョロ、なかパッパ」。つまり、弱火から強火へ、という流れです。

頭のウォーミングアップを意識しよう

あまり意識していない人が多いようですが、料理の火加減と同様、勉強にも”強度”があります。一度読んだ参考書を再度読む、人の話を聞くといったことは、頭をフル回転させなくとも可能なので、強度が低いと言えます。その一方、暗記する、記述問題を解くといった勉強は、強度が高い。

なかなか乗り切れないときには、「はじめチョロチョロ」として強度の低い勉強を先に持ってくると、気持ちが勉強に向かいやすくなります。はじめにチョロチョロすることがウォーミングアップとなり、頭が「勉強モード」に入っていくので、強度の高い勉強に入っていきやすくなるのです。

私の場合、参考書を読むのがいちばん楽だったので、気が乗らないときにはそうした勉強をし、徐々に気分を高めて記述答案作成などのきつい勉強に入っていくように心掛けていました。

そう、私はこれで塾通いをやめたのです(最近、ネタに昭和感が満載でしょうか)。今回挙げたものは一例ですが、重要なのは、自分なりのモチベーションアップ手段を持つこと。ロンリーなご質問者様が、今後の試験も独学で突破できますように。ではまた。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT