「負の感情」にはマイルドなうちに対処せよ

まずは「自分の気持ち」をきちんと理解しよう

ところが、多くの人は、「このくらいのことは言わなくてもいいだろう」と放っておいたり、「ここはちょっと我慢しておこう」と気持ちを押し込めてしまいます。これだと何も意思表示をしていないことになるので、相手にはあなたの気持ちはまったく伝わりません。

ことは次第に、「腹が立つ」「しんどい」「理不尽だ」といったカレーの中辛状態になっていきます。こうなると、感情が先行してしまうため、自分の気持ちを穏やかに伝えることが難しくなります。

さらに我慢をし続けると、「許せない!」「大嫌い!」「顔も見たくない!」といったカレーの激辛状態になります。この時点で冷静に気持ちを伝えることは、ほぼ不可能です。ゲリラ豪雨のように一気に感情があふれ出し、相手に襲いかかるようなもの。関係性にもヒビが入って、ますます苦しい気持ちに追い込まれてしまうでしょう。

ですので、怒りや嫌だという感情は、できるだけ小さく、マイルドなうちに伝えることが大切なのです。

「言いやすい相手に」から始めよう

この原理はご理解いただけると思うのですが、実際行動に落とし込むのは難しいもの。最初から、自分の「言いにくい気持ちを言いにくい人に」言おうとしても無理な話です。

そこでまずは、「言いやすいことを言いやすい相手に」伝えるトレーニングからスモールステップで始めてみてはいかがでしょう。トレーニングを積めば、コミュニケーションは必ず上達します。

まずは自分の気持ちに敏感になって、「ちょっと気になる」気持ちを見逃さず、しっかり向き合うこと。そして、「このぐらいのことは言わなくてもいいや」と抑え込まずに、伝えてみること。少しずつでも、自然に自分の気持ちが伝えられるようになりましょう!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。