「いつもポジティブ」は、本当に賢明なことか

ネガティブを肯定する「一人時間」のススメ

つねにポジティブでいなければならない、と無理していませんか?(写真:わたなべ りょう / PIXTA)

「仕事で失敗してしまって辛い」「最近、気分がめっきり落ち込んでいる」「何をするにもやる気が起きない」……。

人に怒られた時、失恋をした時、人間関係が上手くいかなかった時など、気分が落ち込んだり、辛く悲しい気持ちになったりするもの。このようなネガティブな感情は、忌み嫌われる感情の一つです。

ネガティブ感情はポジティブ感情に相反するものとして、できるだけ感じないようにしたいと思いがちです。

「ネガティブの否定」は逆効果を生む

多少つらいことがあっても、「ネガティブにならず、できるだけポジティブに行こう!」「ネガティブになっていても何も始まらない」と頑張っている方も多いですね。

ネガティブな感情をコントロールして消し去ったり、ポジティブな感情に転換する方法を説くような自己啓発本やセミナーに、多くの人が心惹かれるのも納得がいきます。

ところが、多くの人はどうもこのネガティブな感情を無理やりポジティブに変えようとしたり、ネガティブな感情を無視しようとしたりしてしまうために、返って逆効果を引き起こしてしまっているようです。

早く元気を取り戻そうと焦るがために、返って空回りして余計に落ち込んでしまうなんてこともあります。今日はその仕組みと、そうならないための対処策について紹介しましょう。

次ページネガティブに「寄り添う」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。