「理想的な家族」を盲信するのは間違っている

下重暁子「家族という病」を読んで感じたこと

家族ほどしんどいものはない?(写真:tooru sasaki/PIXTA)

発売1カ月で第七刷発行という『家族という病』(幻冬舎新書)は、キャッチコピーが、「家族ほどしんどいものはない」です。「家族ほどしんどいものはない」が世の中にウケるなんて、どういうことでしょう? 私は少し焦りを感じて読みました。

著者の下重暁子氏は、父上の主治医から「あなたは、テレビの中でいつも優し気にほほ笑んでいる。たくさんの人々があなたの笑顔にだまされているが、なんと冷たい女なのだ。結核病棟に老いの身を横たえている父親を一度も見舞いに来たこともないではないか」という衝撃的な手紙を受け取っています。

「家族はしんどい」が賛同を得た?

このような両親との間にあった深刻な確執問題を除けば、この本には特に新しいことはあまり書かれていません。知的で優しいイメージの下重氏でさえ、お父上をそこまで避けてこられたことが、同じような問題を抱えている多くの読者を引きつけたのでしょうか。

しかしその部分だけで、これほどの版を重ねるとは思えません。なぜこの本は、多くの人に読まれているのか。今回は読者からの相談への回答ではなく、この本について考えてみます。

書かれている内容は、「なぜ事件は家族の間で起きるのか」「遺産を残してもいいことはひとつもない」「子離れができない親は見苦しい」「他人の家族との比較が諸悪の根源」「家族に血のつながりは関係ない」など、どれも以前から言われていることが多く、目新しいことが書かれているわけではありません。

次ページ平和な家庭より、問題だらけの家庭のほうが多い?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。