「現代版姥捨山」から老母を救出するには?

母と同居している兄夫婦が執拗に虐待

母の余生が少しでも平穏であることを願っているのに、時間・距離的にも余裕がなくどうすればいいのか分かりません(写真:Melpomene / Imasia)

前回は 「認知症の義父を罵倒する姑」とは別居せよ

前々回は 働かぬタカリ屋は、身内であっても絶縁せよ

【読者からの相談】

 私の実家は新幹線で3時間の距離にあり、いまどき珍しいのですが、78才の母が兄夫婦と同居しています。私の家系はおとなしい性格で、母も兄も昔から、兄嫁の言いなりになってきました。
 おとなしい母は家庭に波風が立つのを好まず、兄嫁のわがままや横暴なふるまいにも、ほとんどは見て見ぬふりをし、母が我慢して過ごしてきました。
 そんな母は、兄嫁にとってはイジメ甲斐があるのか、最近ますます虐待がエスカレートしてきました。兄嫁は母と同居していることに対し、「自分が貧乏くじを引かされた、うっとうしい」と公言してはばかりません。
 小さな畑仕事をし、胃腸が丈夫な母は、食事だけはしっかりいただきます。ご飯をお代わりしますと、兄嫁は「田舎の人は、たくさん食べるから長生きするね」と、憎々しげに言うのです。
 何かと因縁をつけて朝の6時前から庭に母を連れ出し、大声で何度も同じことをヒステリックに叫び、近所の人が仲裁したこともありました。私は母の余生が少しでも平穏であることを願っています。しかし、大学と高校の2人の受験生を抱えて、フルタイムで働く遠くに住む娘の私がどうすることもできず、悩んでいます。 
古川(仮名)
次ページパンプキンのコメントは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。