「現代版姥捨山」から老母を救出するには? 母と同居している兄夫婦が執拗に虐待

印刷
A
A

静子さんは賢く弁が立ち、常識のある人ですが、説教や話し合い、要望などを重ねても、若夫婦の心には届きません。用済みの人間の言葉など、頭から聞く気がない若夫婦には、常識や人の道を説いてもまさに馬耳東風でした。静子さんは、お嫁さんの顔色ばかりをみる“昔は親思いだった息子”に、これ以上寂しい思いをさせられる前に、悩みに悩んで、養老院に入ったそうです。

先の山下さんのおばあちゃんも、自分の意思で養老院に入ったとはいえ静子さんも、体裁のいい“姨捨山伝説の現代版”ではないでしょうか。(養老院、老人ホームを姥捨山と言っているのではなく、その追いやられ方のことを指しています、念のため。)

古川様のご実家のように、同居はしているが実態は姥捨山家族も多いと思われます。そして姥捨てよりひどい事件が、毎日のように新聞に出ていますし、これらの事件は高齢化の進展に伴いさらに増えていくことでしょう。

実家の老母が姥捨山に捨てられる前に動くべし

古川様、この場合、お兄様が目を覚まして母親に優しく接するか、ないし別居してこれ以上こじれるのを避けるなどの選択肢がありますが、私のいちばんのおすすめは、娘であるあなたがお世話をすることです。住環境により同居できないのでしたら、近くのアパートでもいいと思います。

古川様には受験生が2人いるそうですが、勉強するのはあなたではありませんし、フルタイムで働いておられても、近くに住み、1日1回、娘のあなたが顔を出すだけでも、ずいぶん、お母様にして差し上げられることは多いです。

古川様のお母様も、あなたの近くに住み、娘夫婦と孫たちに大切にされているという実感をお持ちになりながら暮らしていけると、精神衛生上もいいし、あなたも今よりは安心できるのではないでしょうか。私は“多忙な事情”を盾に何もせず、母が亡くなってから自責の念に苦しむ人をたくさん見てきました。

あなたにもいろいろ事情はあるでしょう。むしろ事情のない人なんていませんしね。娘の貴女が、お母様を”姥捨山“から救出されることを陰ながら応援しております。

※ ミセス・パンプキンさんへの相談はこちら

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT