離婚後も居座る「山師の夫」は、すぐ追い出せ

同居継続は娘にも悪影響を与える

(写真:【Tig.】Tokyo image groups/PIXTA)

前回は 「理想的な家族」を盲信するのは間違っている

前々回は 「跡取り」をめぐって妹夫婦がチクチク攻撃

 

【読者からの相談】 

離婚した夫・松山(仮名)との育児方針の違いに悩んでいます。子どもが19歳と10歳になった今年、離婚しました。元夫は家を出て行くおカネがないと言います。さらに下の子が小学校を卒業するまでは環境を変えないほうがいいという私の判断もあり、まだあと1年程度は同居の予定です。

彼は、以前は家事をすすんでしてくれる人でした。しかし収入を私に見せたことがなく、私に相談せず仕事を辞めたり、未経験職種を希望して転職が決まらなかったりしたことがあります。ネズミ講や株式投資に手を出して失敗したときも、それを私に隠していたのです。思い返せばもともと山師の性質があったと思います。

子どもの成長につれて出費がどんなに増えようと、自分は住宅ローンを払っているからといっさいの支払いを拒み、何度一緒に家計を運営しようと言っても、気に食わなければ離婚しろ、の一点張りでした。上の子が大学受験を迎えた年、「息子の大学進学は高卒の自分には不要と思うから費用を出さない」と言われ、ついに離婚を決意しました。私たち夫婦の育った家庭環境は、教育水準や価値観に格差があり、それらを夫と共有できなかったのは残念です。

離婚後の夫は、特に下の娘に甘くなりました。娘が担当する風呂掃除を自分が代わってやったり、お菓子やゲームを際限なく買い与え、部屋に2人でこもってアニメ三昧で過ごしたりします。娘の点数を稼ごうとして結局は娘をスポイルしていると注意しても、「離婚をしたのだからお前とは他人だ」と、話し合いに応じてくれません。

今後、別居すれば子どもは私と暮らしますが、子どもにとって少しでもいい環境をつくるために、アドバイスをください。

                 まつこ(仮名)

次ページパンプキンからのコメントは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。