「跡取り」をめぐって妹夫婦がチクチク攻撃

兼業農家の悩み、相続巡って大モメの予感

妹夫婦との関係が悪化。顔をみることもできません(写真:NOBU/PIXTA)

前回は 「ヒモ以下の男」とは早めに絶縁するべき

前々回は 「0歳からの英語教育」は、やるべきなのか

 

【読者からの相談】 

私の実家は兼業農家です。3人姉妹の長女の私は、自分が「跡取り」だと思い込み、また周囲も当然それを望んでいると思ってきました。
しかし最近実母が妹夫婦たちに、私の夫(マス男・仮名)が満足に農業を手伝わないと話しているそうで、農繁期には帰省して手際よく手伝う義弟(ノリ男・仮名)からは、「あれでは子供の方がまだ役に立つ」「一緒に作業すると腹が立つので来たくない」と言われました。間接的に、妹たちが「あれでは両親が不憫」と言っているのも聞きました。
私はそれ以来、妹夫婦の顔をまともに見られません。夫のマス男は文句も言わず、「これからはもっと手伝う」と言ってくれますが、マス男は元来おっとりしていて言葉が足りない性格で、両親からすれば不満が多いようです。自分たちだけ「跡取り」だと思って空回りしていたのなら、実家を出て清々しく生きたいと思う一方、年老いた両親を放っておけず、祭祀を誰が引き継ぐのかも心配です。また家賃より教育費にお金を貯めたい気持ちもあり、決断できずにいます。
みよ(仮名)

 

【パンプキンからのコメント】

みよ様は結婚後も、自動的にご両親と同居され、妹さんたちは次々と結婚して実家を出られたということですね。ということは、ご両親と貴女方ご夫妻の間には、家を継ぐのは貴女たち夫婦だと暗黙の了解ができていたことになりますね。しかし、正式な話し合いがなく、ご夫君の姓も変わってないのでしたら、戸籍上は同居人扱いですね。

次ページ「跡取り」とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT