「0歳からの英語教育」は、やるべきなのか

英語早期教育の弊害?日本語が苦手な娘に

(写真:cba/PIXTA)

前回は 防衛大学校を志望する息子を翻意させたい

前々回は 「子ども達のために再婚を焦る」は大間違い

【読者からの相談】 

私は2歳半と6ヶ月の娘2人の母親です。私自身が、留学先で英語に苦労した経験から、上の子には英語の本の読み聞かせや、英語を使ったお稽古に遊びにと、英語偏重の育児をしてきました。

その効果があり、上の子は英語で意思表示ができるようになりました(たとえば、I want a blue ballとかRead this mommy, please?といった具合です)。その反面、日本語は平均以下です(たとえば「青いボール」や「本」と言えず、「これ」で済ませたり何か聞かれてもオウム返しをするなど、ときには返事になりません)。

夫は、娘の日本語能力が標準以下であることが不満でおもしろくなく、質問に対してオウム返しする娘に向かって、「この子はバカ決定だな」などとひどいことを言います。私に対しても、「お前のせいで残念な子どもになってしまった。もう英語はやめろ」と言います。

しかし、2カ国語を覚えながら育っているのだから、どちらも今の段階でトップクラスの出来を望むのは無理があると思いますし、現時点での日本語の出来のために、ここまで覚えてきた英語を捨てるのをもったいなく感じます。

最近は、日本語でコミュニケーションが思うように取れないばかりでなく、元々気性の激しい上の娘と、生まれたときからおとなしくよく笑う下の子(あえて悪い言い方をすれば、下の子は大人に都合のいい赤ちゃんです)を比べて、「うるさくないから下の子は本当にかわいい」と上の子の前で平気で言います。

これでは英語云々の前に、子どもの人格形成に問題が出てしまいそうです。私は英語を娘に教えるのをやめるべきでしょうか?

谷口(仮名)

次ページパンプキンさんの答えは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。