「負の感情」にはマイルドなうちに対処せよ

まずは「自分の気持ち」をきちんと理解しよう

たとえば、「この態度は嫌いだ」「これをしていると楽しくてワクワクする」「○○のキーワードに心が揺れる」など、日常生活の些細な出来事に対して自分の気持ちを一つ一つ確かめることを意識してみます。

最初は、わざわざ自分の感情を確認するなど、ぎこちなく感じるかもしれません。ですがやっていくうちに、徐々に自然と、その気持ちを受け止めることができるようになっていくでしょう。是非、意識的に感情を確認する作業をしてみてくださいね。

自分の感情を理解することは、ビジネスの現場で円滑なコミュニケーションを図るために重要なことです。相手を適切に理解することなども大切ですが、自分自身でさえきちんと捉えられていない気持ちを、正確に人に伝えるなんて、そもそもできないのです。

その気持ちが「小さい」うちにアクションを

自分の感情をきちんと把握できたら、次は「伝え方」の問題を解決しましょう。一般的に、プラスの感情よりもマイナスの感情を相手に伝えることは難しいものです。社内や取引先とのやり取りの中で、マイナスの意思表示が行えず、「イヤだな」と思いながらも我慢したり、笑ってごまかしたりすることがあるのではないでしょうか。

しかし、つねにそのような態度をとっていると、相手は、「受け入れてもらえた」などと勘違いを起こします。一人になってからトイレで、「どれだけ鈍感な人なんだ!」と腹を立てても、なんの意味もありません。

こんなことをできるだけ避けるためのポイントは、「いやだ」「つらい」「不満だ」「悲しい」「傷ついた」などの感情に気がついたら、できるだけ、その気持ちが小さい段階で相手に伝えることなのです。

「アサーション」という、コミュニケーションの手法があります。アサーションは、一方的に自分の意見を押し付けるのではなく、かといってひたすら我慢するのでもなく、相手と自分を尊重して適切な自己主張をしていくことです。アサーションを一気に習得するのは難しいですが、ここではその初歩的な方法をお伝えしましょう。

まず何よりも、嫌な気持ちはマイルドなうちに伝えること。「なんとなく嫌だ」「少し気になる」「少し辛い」「ちょっと好きじゃない」というような段階、カレーで言ってみれば「甘口」です。まだ気持ちにゆとりがあるので、口調や表情は穏やかであり、適切な表現、言葉を選ぶことができます。

次ページ激辛カレーになってしまうと…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。