最新OS「Android 14」が示すカスタム設定の妙味 アクセシビリティ強化で「点滅による通知」の新機能も

✎ 1〜 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 最新
拡大
縮小
Android 14は、カスタマイズの自由度が広がったのが大きな特徴。写真左は生成AIによる壁紙作成、右はロック画面の設定画面(筆者撮影)
この記事の画像を見る(4枚)

グーグル純正スマホのPixel 8/8 Proが発売されたのに伴い、OSも最新バージョンとなる「Android 14」の配信が始まっている。

グーグル以外のメーカーは、自身でAndroidにカスタマイズを加えたあとアップデートを配信するため、Pixelより時期は遅くなってしまっていたが、今後、これらの端末の一部もAndroid 14に対応していく。大手キャリアは、アップデートの予定がある端末のリストを公開しているため、自身の利用するモデルが対応しているかどうかは確認しておいたほうがいいだろう。

カスタマイズできる設定項目が増えた

Android 14最大の特徴は、ユーザー自身でカスタマイズできる設定項目をこれまで以上に増やしたところにある。

Pixel 8/8 Proでは「生成AI」を使い、キーワード入力だけで壁紙を自ら生み出せる新機能に対応したが、それ以外にも、ロック画面やホーム画面でカスタマイズできる部分が増えている。また、視覚や聴覚などに何らかの障害があるユーザーの利便性を高める機能にも対応した。その一部は、通常の設定として導入されており、幅広いユーザーが利用できる。

ほかにも、デュアルSIM利用時の設定が増えるなど、かゆいところに手が届くようなアップデートになっている。大きなユーザーインターフェース(UI)の変更や、新機能の追加はないものの、細かな改善を多く積み重ねている印象だ。

ここでは、先行してアップデートが配信されたPixelシリーズを元に、Android 14でお勧めの便利機能やその設定方法などを解説していく。

次ページ具体的にはどんなことができるようになったのか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT