災害時に役立つスマホの「バッテリーを温存法」 能登半島地震でモバイル通信は寸断されたのか

✎ 1〜 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 23 ✎ 最新
拡大
縮小
災害時に停電などがあった場合は、スマホのバッテリーを温存しておくようにしたい。写真はスーパーバッテリーセーバーを設定したPixel 8と、省電力モードにしたGalaxy Z Fold5(筆者撮影)
この記事の画像を見る(4枚)

1月1日に発生した能登半島地震では、モバイル通信のネットワークも寸断された。基地局をネットワークにつなげるための光回線が切断されたり、停電で基地局を駆動できなくなったりしたのが、その一因。基地局そのものが倒壊してしまったケースもある。各社とも、移動基地局車や船上基地局、衛星回線を活用し、徐々にエリアは復旧しているが、本稿執筆時点の1月10日時点でも、震災前の水準には戻っていない。

災害時に使える「バッテリー節約方法」

一方で、地震発生直後は非常用バッテリーで基地局を駆動させ、エリアが維持されるケースも多いため、停電時でも通信できることがある。この場合、スマホは情報収集のための有力なツールになりうる。安否情報などを家族や友人に伝えるためのコミュニケーション手段としても活躍する。とは言え、災害時には停電が発生してしまうおそれもある。その意味では、できる限りスマホのバッテリーは温存しておきたい。

このようなときに役立つのが、設定の変更や省電力モードなどの機能だ。Androidスマホには、震災時を想定して、バッテリーの消費を極力抑えるような機能が用意されている。また、基地局のトラブルで圏外になってしまったときには、フライトモードへの変更もバッテリー消費を減らす一助になる。今回の震災に限らず、日本は地震や台風による水害などの災害が多い国なだけに、スマホのバッテリー温存術は頭の片隅に入れておいたほうがいいだろう。ここでは、その方法を紹介していく。

次ページディスプレー設定の変更で節約
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT