Android「設定のショートカット」を活用する裏技 無料アプリを使えば「深いカスタマイズ」も可

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
設定メニューへのショートカットを活用して、Android端末をもっと便利に使おう(筆者撮影)
この記事の画像を見る(4枚)

スマートフォンを使っていると、「設定」を開くことは意外と多い。ディスプレーの点灯時間や、Wi-Fiへの接続、文字入力の設定変更など、その内容は多岐にわたる。ただ、設定メニューは数が多いうえに、階層が深いものもあり、必要な項目を呼び出すのに時間がかかることも多い。Wi-FiやBluetoothのオン・オフや機内モードなど、簡易的なものは通知の上にあるクイック設定パネルのボタンで操作できるが、ここにないものも少なくない。

そんなときに活用したいのが、設定メニューへのショートカットだ。事前に必要な設定画面へのショートカットを作成しておけば、アプリ感覚でホーム画面からダイレクトにアクセスすることが可能になる。Androidには、ウィジェットとして設定のショートカットを作成できる機能があるため、これを活用しない手はない。

この連載の一覧はこちら

ただし、ウィジェットとして標準搭載されている機能で作成できるショートカットは、アクセスできる機能が限定的だ。このような場合には、ショートカット作成アプリの利用をお勧めしたい。このようなアプリを使えば、アプリの特定の画面を一発で呼び出すこともできる。ここでは、そんな設定のショートカットにまつわる裏技を紹介していきたい。なお、Androidはメーカーごとの独自実装があり、機能にも差があるため、ここではグーグル純正のスマホである「Pixel 6 Pro」を例にその手順を紹介していく。

ウィジェット設定から簡単に作れる

設定の変更は画面をタップする回数が多いこともあり、意外と手間がかかる。例えば、ディスプレーが自動で消灯するまでの時間を変えたい場合の手順は次のとおり。まず、ホーム画面か通知のクイック設定上にある歯車マークの「設定」をタップして、「ディスプレイ」を開き、「画面消灯」をタップしたあと、変更したい時間を選択する。こうして書き出すだけでも、結構な分量で手間がかかることがわかるはずだ。

使い方にもよるが、ディスプレーの点灯時間はたびたび変更することがある。筆者の場合、Pixel 6 Proのボイスレコーダーを使う際には、消灯までの時間を長くしている。ボイスレコーダーの文字起こし機能で書き出されたテキストをチェックするためだ。この場合、消灯時間は30分に設定している。一方で、30分だと通常利用には長すぎる。バッテリーを消耗する要因にもなるため、短くしておくにこしたことはない。

次ページショートカットの作成をしよう
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT